ネオ専用機カラー 完成 HGCE 232 ウィンダム ガンプラ

完成品
ユネプラ
ユネプラ

HGCE 232 ウィンダムをネオ専用機カラーを参考に全塗装。
完成といたします!

『完成』とはなんだろう?

そんなことを考えつつも、不明確な完成へとひたすら進み。
今の延長としては、作業を行っても変化がない。
あるいは悪化する。

そんな分水嶺ぶんすいれいというモノがある

そこに至ったら『完成』とも言えるかもしれない。
主観としては、ここまでかな。
と、あきらめとも達成感とも言える複雑な感じではありますが。

『今』できることはやり切ったのでは。

もちろん反省点も多くあり、今後の課題も多いものの。
これにて、HGCE 232 ウィンダム(ネオ専用機カラー)の完成です!

関連記事はこちらから

マットバーニッシュとは

仕上げの質感はつや消しを選択。
ターナー色彩株式会社の『U-35』からマットバーニッシュを選択。
筆にて塗装していきます。

ボトルキャップは片手でも開けることが可能な仕様。
地味ながらも大きく、楽に作業を進めることができます。

マットバーニッシュも臭いは非常に少ない。
気軽に作業できることが嬉しいところ。

ウィンダム ネオ専用機カラー

ジェットストライカーが無ければ、立てる!前面

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場した仮面の男。

ネオ・ロアノーク

ドボンが何度もよぎったけど、ここまでたどり着けてよかった……背面。

彼が登場していたウィンダムのカラーリングを参考に。
好みを交えつつ筆にて進めて行き……

完成です。

結果的に先に完成したジェットストライカーとの相性も良き。

ウォッシングでの痛恨のミスによりキレイさを維持しての完成とはなりませんでしたが……

こういうこともあるさ HGCE 232 ウィンダム ガンプラ
...

これはこれで満足。

ふへへ

と、思えるところまで。
悪あがきだったかもしれませんが、区切りはつき、満足じゃ。

ジェットストライカーを背負って立つ事はできなくなりました。

もともとはジェットストライカーを付けていても自立ができる頑強な膝。
だったのですが、いざ完成。
となったときにはジェットストライカーをつけたら自立が出来ず、頭ゴン。

そんなときのための台座。

膝を曲げた状態でキープすることは難しく。

つけたり、はずしたりと。
何度も何度も行っていれば……

しょうがないね。

まとめ

多々ミスありつつも、満足じゃ。

HGCE 232 ウィンダムを楽しんでいた1カ月。
やってみたいことはやりつつ。
失敗もありつつも、楽しい時間を過ごすことができ満足じゃ。

ユネプラ
ユネプラ

ネオ専用機カラー 完成 HGCE 232 ウィンダム、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

一つ前はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました