PR

【水星の魔女】HG 1/144 ガンヴォルヴァを全塗装! U-35 ACRYLICSで塗り、ボトルカラーを参考にカラーチェンジ!

完成品
ユネプラ
ユネプラ

ガンヴォルヴァァ!

機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ガンヴォルヴァ」が完成いたしました。当記事ではサクッと各工程と、オレンジの発色を強めるために工夫したところを交えつつ……。

完成品の撮影会。

そういう感じでいきましょう!

スポンサーリンク

仮組み

やーすごいですねぇ

切り出し、ゲート処理、表面処理を行って仮組み。素組ともパチ組とも言う状態ですが、分解を前提に組み立てているので仮組みです。

(きっと)

軽く表面処理(ヤスリ掛け400番)を行いましたが、良いですね。ヒケを完全に消さないまでも、このあとの下地材の食いつきがアップ。結果的にスピーディーな製作につながりました。

下地塗装

下地材には美術系で主に使われる「ジェッソ」を使います。ターナー色彩株式会社のU-35 ACRYLICSに含まれる下地材です。2種類ありますが、ブラックジェッソ僅かにジェッソを混ぜたモノを使いました。重厚感のある仕上がりを目指す場合にオススメです。

色はホワイト。水溶性で臭いが少ない下地材です。
¥1,387 (2022/06/08 23:13時点 | Amazon調べ)
色はブラック。水溶性で臭いが少ない下地材です。
¥1,430 (2022/06/08 23:20時点 | Amazon調べ)

バットオレンジを塗る部分はライトマゼンタを下地に

バットオレンジの発色検証

ワンポイントにバットオレンジを使いますが、透明性は半透明で暗い下地からは発色しにくい色です。ライトマゼンタを下地として塗ることで、ビビットな発色を実現いたしました。

塗装

ターナー色彩株式会社のアクリル絵の具「U-35 ACRYLICS」を筆で塗っていきます。装甲にはカーボンブラック、チタニウムホワイト、バットオレンジ。

  • カーボンブラック
  • チタニウムホワイト
  • バットオレンジ

フレームにはグラファイトグレー、イリデッセントシルバー、イリデッセントブロンズ。

  • グラファイトグレー
  • イリデッセントシルバー
  • イリデッセントブロンズ
水溶性のアクリル絵具。色はダークグレーですが、質感が特徴的。
¥297 (2022/06/10 15:56時点 | Amazon調べ)

センサー類にはイリデッセントゴールドを塗ってからフタログリーン(ブルーシェード)を塗りました。フタログリーン(ブルーシェード)は透明性の高い色なので、メタリックの輝きを残しつつ色を乗せることが可能です。難しいですが、楽しい色ですネ。

ウォッシング

ウォッシング
ガンヴォルヴァのウォッシングが上手く撮れなかったので過去作から。色も違いますが……。シャバシャバに薄めた絵の具を乗せて、拭き取り、フィルタリング兼スミイレを行います。

シャバシャバに薄めた絵の具を乗せて、スミ入れとフィルタリングの効果を狙います。アクリル絵の具の「U-35 ACRYLICS」を使いました。

色はトランスペアレントブラウンアイアンオキサイドローアンバーを半々、そして水とリターダーを加えたモノです。若干の濁りがあり、いい感じの表現が可能です(適当)

透明性は透明。赤みを感じる茶色で、下地を活かした表現が得意な色。
¥270 (2023/06/08 22:26時点 | Amazon調べ)

ドライブラシ

立体の角に色を乗せて、立体感を強調します。

絵の具を筆に含ませて、ティッシュなどでカッスカスになるまで落として……エッジに擦り付けるようにドライブラシをします。色はグラファイトグレーイリデッセントシルバー。

グラファイトグレーを全体的に、イリデッセントシルバーをアクセントとして使いました。面の輪郭が強調され、ディテールが際立つ工程です。

水溶性のアクリル絵具。色はダークグレーですが、質感が特徴的。
¥297 (2022/06/10 15:56時点 | Amazon調べ)

仕上げ

ターナー色彩株式会社のU-35 ACRYLICSシリーズの

  • マットバーニッシュ
  • グロスバーニッシュ

以上のふたつで仕上げを行います。装甲にはマットバーニッシュ。フレームなどにはグロスバーニッシュというように使い分けることで、素材の違いを演出します。

乾燥前は水溶性。乾燥後は耐水性の臭いが少ない仕上げ材。
¥824 (2023/04/11 20:45時点 | Amazon調べ)

ガンヴォルヴァの完成!

前面
前面 顔アップ
前面 膝アップ
前面 足アップ

そんなこんなで「HG 1/144 ガンヴォルヴァ」の完成です!

  • ブラック
  • オレンジ
  • ホワイト

以上の3色をメインに配色しており、その配色は……はい。U-35 ACRYLICSのメディウムのボトルカラーです!

ブラックを多めに配することは初めて……。そう、初めてなのです。

背面
背面 背中アップ
背面 膝裏
背面 足

オリジナルはグレーメインのロービジビリティでニュートラルな印象でしたが、なんだか悪そうな印象に。

ビシュゥゥ!
ビームカービンのアップ

チョット気が早い(執筆時点は9月初旬)ですが、ハロウィンカラーにも見えるかも?

ゴゴゴ
抜刀アップ

なんにせよカッコよく、メリハリの効いた仕上がりになり良いですね(*´Д`)

まとめ

ということで機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ガンヴォルヴァ」の製作は以上です!シンプルな造形でグリグリと動く、楽しいキットでした!

それではまた次回、お会いしましょう(‘ω’)ノ


ターンテーブル動画はこちら【YouTube】

ユネプラ
ユネプラ

【水星の魔女】HG 1/144 ガンヴォルヴァを全塗装! U-35 ACRYLICSで塗り、ボトルカラーを参考にカラーチェンジ!は、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク
ユネプラ

ご訪問ありがとうございます。
プラモデル製作が趣味なユネプラです。

寝室と作業部屋が同じである。
そしてシンナー臭が苦手なことから、臭いの少ない道具を使って製作しています。

・他人がいる環境で製作する方
・シンナー臭が苦手な方

…などのお悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

何事もなければ17時に更新しているので、立ち寄っていただければ幸いです。

ユネプラをフォローする
完成品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ユネプラをフォローする
ユネプラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました