筆塗りの心強い味方! 100均で作るウォーターパレット

お役立ち
ユネプラ
ユネプラ

ウォーターパレットの100均の道具を活用した作り方を紹介いたします!

筆での塗装のメリットは準備、片付けの容易さから来るフットワークの軽さ。
そして導入コスト、ランニングコストの低さにあります。

しかし、パレットに出した絵具が乾燥してしまった……

という経験は私だけではない、ハズ。

当記事では絵具を長時間使用できるウォーターパレット。
それの100均の道具を活用した作り方、メリットを紹介いたします。

絵具、塗料は水で希釈が可能な水溶性を想定しています。
ラッカー系などの薄め液が必要な塗料は、対応するリターダーなどをお使いください。

材料

ウォーターパレットの材料

すべて100均のセリアで購入いたしましたが、他店でも代用が可能です。

容器、スポンジ、クッキングシートの3点を購入。
計330円(税込み)でウォーターパレットの製作をいたしました!

キッチンフィット2(容器)

密閉性の高い容器
  • 容器のサイズはスポンジよりも大き目のサイズ。
  • そして密閉性があるモノを選びましょう。
  • 食品の保存容器などがちょうどいい。

色はなるべくモノクロを選びましょう。
色がついていると、絵具の正確な色が分かりにくくなります。

ソフトスポンジ

スポンジは保水性が良く、モノクロのモノの方が良い。
  • 水をよく含み、湿った状態をキープできるスポンジならばOK。
  • そして色がついていないスポンジならばさらにOK。

キメが細かいスポンジが使いやすい。

使ってみてから気づいたポイント

  • 色はついていない方が良い。
  • 硬い部分のあるスポンジでなくても良い。
  • 使用する面は柔らかい方。そちらの方が保水力が高い。

クッキングシート

水分、油分は通さないが蒸気を適度に通す。クッキングシート。
  • 水分、油分を通さずに蒸気を適度に通すので、絵具に触れるパレットに良い。
  • 塗装の終わり、色の変更時に交換する場所。
  • コスパが良いモノを選びましょう。

ウォーターパレットの製作の流れ

ウォーターパレット プロトタイプ
  1. 容器の中にスポンジを入れる。
  2. スポンジに水を含ませる。※容器側に水たまりが出来ない程度に。
  3. クッキングシートを一周だけ包みこむように巻く。
高さに余裕がなかったので、フタにベッタリと。スポンジをカットして解決しよう。

以上でウォーターパレットの完成。
この時にフタを閉めたときに絵具と接触するようならば、スポンジをカット。
高さを調整するとヨシ。

スポンジが高かったため、半分にカット。黒いのはガイドのマーカー。

ウォーターパレットの使い方

スポンジに水を含ませるのを忘れずに!
  1. クッキングシートに絵具を出す。
  2. 水で薄める、または混色などを行い絵具の準備をする。
  3. 宅配便、食事などで中断するときは、フタをしっかり閉める。
  4. 色の変更、混ぜたくない色を使うときはクッキングシートを交換。
  5. 塗装が終わったときは、クッキングシートの絵具を内側に包み込むように丸めてゴミ箱へ。
  6. スポンジの水をよく切り、容器に汚れがついていた場合は洗い、乾燥させる。

使い終わり、しばらく使わない場合は洗い、乾燥させる。
スポンジは徐々に小さくなっていき、保水力も落ちていく。

こればっかりは感じたままに。

と、丸投げになってしまいますが、使い勝手が悪くなったら交換しましょう。

ウォーターパレットのメリット

クッキングシートが動くようならば、マスキングテープで仮止めするもヨシ
  • ウォーターパレットを使うことで、より長く絵具を使用することが可能。
    中断時もフタを閉めておくことで、約8時間後に再開したときにも使えたことは嬉しいところ。
  • そして掃除も簡単であること。
    今まではパレットに乾燥した絵具が残る。
    といったことも多くありましたが、ウォーターパレットを用いてから非常に少なくなりました。
  • クッキングシートを交換することで、異なる色をすぐ使うことが出来るところもメリット。

まとめ

絵具の乾燥を遅らせるウォーターパレット。ぜひお試しを!

ウォーターパレット、またの名をウェットパレット。
既製品と比べると作る手間はあるものの、パーツ交換が容易なことが最大のメリット。

筆塗りでの塗料、絵具の乾燥を遅らせるウォーターパレット。
まとまった時間が取りにくい方に特にオススメしたいウォーターパレット。

ぜひ、お気軽な塗装ライフを!

ユネプラ
ユネプラ

筆塗りの心強い味方! 100均で作るウォーターパレット、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

既製品はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました