こういうこともあるさ HGCE 232 ウィンダム

過程
ユネプラ
ユネプラ

こういうこともあるさ
要するに失敗しましたネ……
ははっ

ウォッシングを行いましたが、色もウォッシング。
下地への食いつきが強く、落とし具合のコントロールに難航。
ジェットストライカーの時はグロスメディウム止まり。

塗装の雑さ故の失敗かな?

と、思っていましたが違いますネ。
もっとシンプルな問題。
絵具の選択ミスですな。

関連記事はこちらから

ウォッシングとは

ウェザリング(汚し塗装)の技法のひとつで、『一度よごしてから落とす』技法のことを指す。

  1. 全体的に塗装
  2. ティッシュ、綿棒などで拭き取る

以上のプロセスを行うことで、拭き取れない場所=凹みに塗料が残る。
装甲の汚れの演出。
スミ入れとの兼用なども可能。

使用した絵具

イレギュラーな使用法を行ったからこその失敗です。

U-35から4色。+グロスメディウム

アクリル絵具である『U-35』から4色。

そこになんとなく加えた『グロスメディウム』
透明度を上げてみよう。
という発想から追加。
しかし定着力の上昇の効果を低く見積もったことが今回の失敗。

雑に混ぜて、レッツ塗装!

この組み合わせではウォッシングという用途には適さなかったものの、『U-35』の塗膜の強さ。
それを実感することとなりました。

なんやかんやで

ガッツリと定着しましたゼ!()

塗装し、乾燥してからの……
水で湿らせたメラミンスポンジで削るように落としていこう。

下地はグロスバーニッシュでツヤツヤ。
食いつきも弱いハズ。

そんなことはありませんでした。

なんということでしょう

強く、シッカリと定着。
良いことなのですが、ウォッシングとしては痛恨のミス。

水で湿らせたメラミンスポンジで軽く擦る程度では変化がない塗膜。
かといって強く擦ると色も剥げていく。

ではマジックリンは?

そのままだと強すぎる……ならば!水で薄めるのみ!

原液だと全部が剥がれる。
そんな予感が『ピキィン』と来たので水とマジックリンを1:1くらいで薄め、ゴシゴシと。

落ちるけど、落ちるけど……!

まぁでも

ウォッシングのが落ちる感じ。
イイ感じにグラデーションがかかるように落としたり、とか。
そんなことを夢見ていたけれど。

うん。

痛恨の選択肢ミス。
製作が終わったら、ちょっと……ネ。
安全なパターンの洗い出しを行うとしましょうかネ。

まとめ

というわけで『Glossy』でツヤツヤだったウィンダム君。

ポジティブな捉え方をすると、装甲の塗装の剥げやすい場所。
それが、そのまま塗装が剥げた場所。

ははっ

Ctrl+Zで戻せるならば戻りたいものの。
そんなことはないので、進めるのみ。

ユネプラ
ユネプラ

こういうこともあるさ HGCE 232 ウィンダム、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

続きはこちら

ドライブラシ HGCE 232 ウィンダム
ユネプラさて塗膜が一部ではあるものの剥がれ、キレイな仕上がりサヨナラバイバイ。ウェザリングコースへと進路変更なHGCE 232 ウィンダム。使う道具の選択ミスから塗膜が剥げたHGCE 232 ウィンダム(ネオ専用機カラー)...

一つ前はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました