アクリル絵具のU-35で筆塗り塗装! Figure-rise Standard LENA

過程
ユネプラ
ユネプラ

フィギュアライズスタンダードのレーナの塗装が終わりました!

勝手が分からないながらも進めた塗装であり筆塗り。
ロボット系以外の塗装は初。

こうしたい、ああしたい

という想いはあれど、どうすればそうなるか解らず。
まぁ解らないままではあるものの、記録は残しましょ。

きっと、いつか、役に立つ。

かもしれないネ。

成型色の状態などのレビュー記事はこちら

スポンサーリンク

使用した道具

  • U-35 各色
U-35 20ml チューブの外観

ターナー色彩株式会社のアクリル絵具である「U-35」を使用。
乾燥前は水溶性であり、乾燥後は耐水性へ。
GSIクレオス株式会社の水性トップコートにも耐える塗膜の強さ。
伸びの良さ、発色の良さ、臭いの少なさが好ポイント。

使用した色を以下に記載。
配合比は目安であり、絶対ではありません。

顔等

目はシールに頼ります!
  • ライト オレンジ 90%
  • チタニウム ホワイト 10%

徐々にホワイトの比率を増していきました。

服等・ブルー部

深みのあるブルー
  • フタロ ブルー (グリーン シェード) 70%
  • ディオキサジン パープル 20%
  • ジェット ブラック 10%

服等・ブラック部

ポーチなどの小物、そしてボタン
  • ジェット ブラック 100%

服等・レッド部

チョンと、ワンポイント
  • ナフソール レッド ライト 100%

服等・ホワイト部

白は難しい……何度塗り重ねたっケ(白目)
  • チタニウム ホワイト 50%
  • アンブリーチド チタニウム 50%

服等・ブラウン部

  • ロー アンバー 100%

服等・ゴールド部

キラリン
  • イリデッセント ゴールド 100%

グラデーションを意識しましたが……うぅん、いろいろ足りない。
  • フタロ ブルー (グリーン シェード) 40%
  • ディオキサジン パープル 20%
  • チタニウム ホワイト 40%

徐々にホワイトの比率を増していきました。

添加剤

透明度を上げることによって徐々に明るくしたりと、グラデーションをかけやすい。
  • グロスメディウム

徐々に明るい色を重ねていく
などのグラデーションをかけるときに使用したのはグロスメディウム
絵具の透明度を上げる作用があり、調整が行いやすくなります。

まとめ

いろいろまだまだですが、達成感!完成へ向けてGO!

これにてフィギュアライズスタンダードのレーナの塗装も終わり。
理想はあれど現実の技術力理解度すり合わせに悩んだ一週間。
及ばない点は感じつつも、ひとまずは。

ひとまずは、次へ進もう

そう思えたので、次へ行きましょう。
また次のフィギュア系をつくるときに、技術のアップデートを行えばいいのデス。

ユネプラ
ユネプラ

アクリル絵具のU-35で筆塗り塗装! Figure-rise Standard LENA、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓使用した絵具はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました