混色ジェッソのススメ HGCE 232 ウィンダム ガンプラ

お役立ち
ユネプラ
ユネプラ

ジェットストライカーの塗装も終わり本体の塗装へ。
ネオ専用機カラーをモデルに塗装を始めます……!
まずは下地から。

HGCE 232 ウィンダムの本体の塗装へ。
ターナー色彩株式会社の『U-35』シリーズのジェッソ。
ジェッソ(白)とブラックジェッソ(黒)を混色。

ダークグレーなジェッソ下地として、さらに一部の色としても使用。
それでは行きましょう。

関連記事はこちらから

ネオ専用機とは

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場した仮面の男。

ネオ・ロアノーク

彼のパーソナルカラーである『赤紫』に染め上げられたウィンダムの事。

ミネルバが地球に降りた第二クールから登場。
幾度となく、主人公たちを苦しめた。

配色を考える

使用する絵具。

ウィンダム(ネオ専用機)のカラーを分析。

  • ワインレッド
  • ダークグレー
  • グレー
  • ホワイト
  • ライトグリーン
  • アクアブルー

色の名前は各々の考えがあるとして……
ざっくりとこんな感じ。

ダークグレーを混色ジェッソでフィニッシュ。
混色ジェッソの上に色を乗せることはなく……

塗膜の削減&労力の削減を狙いマス

『U-35』ジェッソとは

ターナー色彩株式会社の『U-35』という名のアクリル絵具。
それに最適化された下地材。

それが、ジェッソ

乾燥前は水に溶ける水溶性。
乾燥後は水に溶けない耐水性へ。

臭いが少なく作業に集中できるのが私の『押し』ポイント。

混色ジェッソを塗り終えて

ほぼ黒だけど黒ではない色。

下地でもあり、色でもある。
アクリル絵具と比べると質感の差は気になるものの……

最後の工程として、トップコート。
質感の統一。
質感を整える工程があるので大丈夫。

きっと

まとめ

ジェッソドレッシング
100均のドレッシングボトルに混色ジェッソ。少量でも出しやすく使いやすい。

HGCE 232 ウィンダムの本体の塗装の始まり。
配色は迷いましたが、やはり一回は『ネオ専用機』を作りたい。
そう思い、それをモデルに塗り塗りと。

進めて行きましょウィンダム。

ユネプラ
ユネプラ

混色ジェッソのススメ HGCE 232 ウィンダム、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

続きはこちら

一つ前はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました