ドライブラシ HGCE 232 ウィンダム

過程
ユネプラ
ユネプラ

さて塗膜が一部ではあるものの剥がれ、キレイな仕上がりサヨナラバイバイ。
ウェザリングコースへと進路変更なHGCE 232 ウィンダム。

使う道具の選択ミスから塗膜が剥げたHGCE 232 ウィンダム(ネオ専用機カラー)

マジックリンにドボンしてやり直そうかな……?

という考えがよぎるものの、まだやれることはある。
というよりも、思いつくことがある。
なんだかふわっとした考えであり、うまくいくかはわからないものの……

それがなくなったらドボンだね

そう思い、ドライブラシへ。

関連記事はこちらから

ドライブラシとは

乾いた筆に塗料をつけ拭き取り、調整し。

かすれるように描く技法のこと。

筆に含まれる塗料が少ないことにより、キャンバスだと凸凹の凸面に塗りやすく。
立体物だと角に塗料が残り、塗りやすい。

使用した色

ジェッソドレッシング
混色ジェッソ
  • ジェッソ(白)、ブラックジェッソ(黒)を混ぜた混色ジェッソ。

アクリルガッシュからは

  • バーントシェンナー
  • アンティークシルバー

上記の3色を使用。

ドライブラシを終えて

前面

エッジに出てしまった成型色を隠してからの。
装甲の金属感を演出しつつ。
足元は土汚れとしてバーントシェンナーを塗り終えて。

汚くなりすぎたカナー。

背面

というのが正直な感想。
とはいえ見えてきたこともあるので……
ドボンには早い。

もう少しだけ、悪あがきをしよう。

まとめ

まだだ、まだ終わらんよ……!

ということで悪あがきかもしれないけれども、ドライブラシが終わり。
汚し加減の調整と、機体上部の白、緑などを鮮やかにしたらいいのでは……?

という、またしてもふわーっとした進路。
ではあるものの、方針が見えてきたのでまだドボンには早い。

ユネプラ
ユネプラ

ドライブラシ HGCE 232 ウィンダム、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

続きはこちら

一つ前はこちら

こういうこともあるさ HGCE 232 ウィンダム
ユネプラこういうこともあるさ要するに失敗しましたネ……ははっウォッシングを行いましたが、色もウォッシング。下地への食いつきが強く、落とし具合のコントロールに難航。ジェットストライカーの時はグロスメディウム止まり。塗装...

コメント

タイトルとURLをコピーしました