U-35のジェッソで下地塗装 HG ザクウォーリア ガンプラ

過程
ユネプラ
ユネプラ

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する量産型モビルスーツのプラモデル。
HG GUNDAM SEED 018 ザクウォーリアの下地塗装を行います!

加工も終わり、いよいよ塗装……の前の下地塗装へ。
これも塗装ではありますがネ。

それでは行きましょう!

使用したモノ

ブラックジェッソをドレッシングボトルに詰め替えたモノ
使わない日はない!きっと。スマッジブラシ
  • ブラックジェッソ(U-35)
  • スマッジブラシ

ターナー色彩株式会社のU-35に含まれる水溶性の下地材であるブラックジェッソを使用。
その名の通りブラックであり真っ黒。
落ち着いたつや消しな質感が魅力であり、隠ぺい力が高め。
絵具の定着力を高めるためにも欠かせない下地材です。

プラモデルで用いるサーフェイサーと似ているモノ。
細かい傷を埋めたり、成型色の隠蔽を行ったり、絵具の定着力を高めたりと。
粒子の粗さとしては500番くらいの粗さですな。

筆は化粧筆の一つであるスマッジブラシを使用。
100均のセリアで購入したモノであり、数々のプラモデルの下地を作り上げてきた歴戦の筆。
キューティクルの失われた毛から、風格を感じるところ。

下地を塗り終えて

ずらり

真っ黒に、漆黒に。
これにて下地塗装が終わりました。

上品なつや消しであり、漆黒。

ここからが本番であり、塗装。
まだまだ湿度が高~い今日この頃ですが、進むといたしましょう。

まとめ

さてさて

HG ザクウォーリアの下地塗装が終わりました!
下地材はブラックジェッソを用いて、スマッジブラシでポンポンと。
塗り忘れのないように進め……きっと大丈夫。
次へ行きましょう。

ユネプラ
ユネプラ

U-35のジェッソで下地塗装 HG ザクウォーリア、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました