IRIDESCENT SILVER HGCE 232 ウィンダム ガンプラ

過程
ユネプラ
ユネプラ

ギラリと輝く銀色をアクセントに。
IRIDESCENT SILVERをバーニアなどに塗装していきます!

基本的な色は色として……
バーニア、バルカンなどの一部分。
そこがギラリと輝くと魅力的。
各々の考えがあるとして、私はそう思う。

というわけで……?

U-35のシルバーであるIRIDESCENT SILVERを塗装するお話しの始まり。

関連記事はこちらから

筆塗りの良いところ

使う道具によってやりやすい表現。
いろいろであり、好みや環境で選択。
使い分けるのがいいかな。

と、思うがそれはさておき。
筆塗りの良いところをアピールアピール。

マスキングをしなくてもなんとかなる

というのも私はマスキングが苦手。

それじゃあいけないかな。

と、思いチマチマとやっていた時もあるものの。

それだったら筆で頑張ったほうがイイナ。

と、思ったのが始まり。

マスキングを行っている時間が『止まっている』ようで苦手だ。
そう思いつつも突き抜けられたならそれでオーケー。

とはいえ、筆でなんとかしてみよう。
という隣の道へ進むのもアリなのでは?
と、思う今日この頃。

使用した色

使用した色はアクリル絵具であるU-35『IRIDESCENT SILVER』
カタカナ表記だと、『イリデッセントシルバー』

セットには含まれていない色であり、単品で購入する必要がある。

透明度

(T)Transparent:透明

であり、下地の色によって表情を変えるシルバー。
暗い色だと重い質感となり、明るい色だと華やかな質感へ。
そして塗膜の厚みでも表情を変える幅広い表現が可能なシルバー。

『IRIDESCENT SILVER』を塗り終えて

ギラリ

筆塗りにてぺたぺたと。
大体2回分の塗膜にてフィニッシュ。

部分的に、少しの面積でも。

ギラリと輝く部分があると引き立つもの。
まだまだ色分けは道半ばではあるものの。
ギラリとした輝きに癒やされつつ、一歩先へ。

まとめ

このアクセントがいいモノだ。

HGCE 232 ウィンダムの色分けも進み、モノトーンカラーはこれにて最後。

きっと。

引き続き色分けを進めて行きましょう。

ユネプラ
ユネプラ

IRIDESCENT SILVER HGCE 232 ウィンダム、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

続きはこちら

一つ前はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました