TITANIUM WHITE HGCE 232 ウィンダム ガンプラ

過程
ユネプラ
ユネプラ

白ことTITANIUM WHITEの塗装へ。

HGCE 232 ウィンダムをネオ専用機カラーをモデルとして筆塗り塗り。
思ってた以上に色分けが細かいな~と思いつつ進めマス。

アンテナ、胸のラインなどピンポイントな場所。
でありつつも、目を引く場所にホワイトが使われているネオ専用機カラー。

ターナー色彩株式会社の『U-35』TITANIUM WHITE
これを使い、色分けを進めて行きましょう。

関連記事はこちらから

U-35とは

ターナー色彩株式会社が開発を手掛けたアクリル絵具。
別名、アクリリックスとも言う。

発売は2020年12月15日。

アクリルガッシュとの違い

アクリルガッシュとは『まったく異なるモノ』

いささかザックリとしているが、別物。
異なる個性を持つアクリル絵具。

どちらの方が良い。
というハナシではナイ。

アクリルガッシュは全ての色が不透明。
下地の影響を受けにくいのが特徴とするならば……

U-35は色によって透明度が異なる。
透明から不透明まで色によって幅があり……
アクリルガッシュでは難しい、下地を活かした塗装も可能。

そして添加剤である『メディウム』を合わせれば、さらに多彩な表現が可能。

ようするに?

下地を活かした塗装が可能。
そのままでも幅広い表現が可能ですが……

添加剤である『メディウム』を合わせると、さらに多彩な表現が可能。

思いつき次第で幅広い表現が可能な、使っていて楽しいアクリル絵具である。

※あくまでも個人の感想です。

使用した色

使用した色はアクリル絵具であるU-35『TITANIUM WHITE』
カタカナ表記だと、『チタニウム ホワイト』

『チタニウム ホワイト』は不透明。
各種セットにも含まれており、入手頻度は多い。
ものの、使用頻度も高い色。

余裕を持ち、60mlサイズを購入するのも手。

『TITANIUM WHITE』を塗り終えて

シッカリととパッキリと発色

下地はジェッソ(白)とブラックジェッソ(黒)を混色したジェッソ。
ブラックジェッソが多めの、ダークグレージェッソ。
はたして発色するのかな?

と、思っていましたが杞憂きゆう

パッキリと。
ハッキリと。
シッカリと発色。

非常にメリハリの効いた配色へ。

まとめ

力強い発色。

徐々に、徐々に色分けが進むHGCE 232 ウィンダム君。

さあて、行こうか。慎ましくな。

このセリフの時はウィンダムではありませんが……
進めて行きましょう。

ユネプラ
ユネプラ

TITANIUM WHITE HGCE 232 ウィンダム、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

続きはこちら

一つ前はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました