N5 NEUTRAL GRAY HGCE 232 ウィンダム ガンプラ

過程
ユネプラ
ユネプラ

アクリル絵具である『U-35』を使用して筆塗りで色分けを進めマス。

ネオ専用機カラーのウィンダムの色の一部である『ダークグレー』
この色を混色したジェッソで表現。

塗ってから気づく。
関節はどうしよう?

ダークグレーは装甲に残すとして、関節は……
そのままでも良いかもしれません。
良いかもしれない、と思いましたが……

変えたほうが部位の違いが分かりやすいのでは?

そう思い至り、U-35『N5 NEUTRAL GRAY』を関節などの色として塗ることに決める。

関連記事はこちらから

U-35とは

ターナー色彩株式会社が開発を手掛けたアクリル絵具。
透明性、発色、耐光性の良さと、コスパの良さ。

めっちゃ性能が良いけど、お求めになりやすい価格を実現したアクリル絵具

相反する要素を両立したアクリル絵具である。
そして臭いも非常に少なく、作業性が良いこともアピールポイント。

使用した色

使用した色はアクリル絵具であるU-35『N5 NEUTRAL GRAY』
カタカナ表記だと、『ニュートラルグレー5』

混色で良いかな。
と、思っていた時代もありました。

なかなか同じ色を作るのは難しいモノ

そして使用頻度も多めな色なので単品で購入。
そう、セットには含まれていない色。
単体で購入する必要があります。

透明性、光沢度

アクリル絵具であり、アクリリックスである『U-35』は色によって性質が異なります。
『N5 NEUTRAL GRAY』の透明性、光沢度の情報を記載いたします。

透明性:Opaque(不透明)
光沢度:Satin(半ツヤ)

『N5 NEUTRAL GRAY』を塗り終えて

関節パーツなどにニュートラルグレー5を塗装。

一回目はそのままで塗り。
二回目は水で薄めて塗り重ね。

計2回の塗装でイイ感じへ

筆ムラ、色のムラをなくすために意識したコト

筆は手首で動かすのではなく、腕で動かす感じに。
手首で動かす回転が加わり、対象へのが変わり筆ムラとなりやすい。

乾燥する前に対象を回転させて、塗料がたまっている場所がないか見る。
このときにあてると、凸凹がわかりやすい。

たまっている場所があったら、筆で吸い取る。
もしくは引き延ばす。

以上のことを意識して進めると、キレイに仕上がりやすい。

まとめ

イイ感じ

HGCE 232 ウィンダムネオ専用機カラーにしよう。
そう思い、筆塗り進行中。
個人的な趣味が入るかもしれませんが、それも楽しいところ。

ユネプラ
ユネプラ

N5 NEUTRAL GRAY HGCE 232 ウィンダム、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

続きはこちら

一つ前はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました