エフ水彩でウォッシング SDBD:R 07 ヴァルキランダー ガンプラ

過程
ユネプラ
ユネプラ

エフ水彩でウォッシング&スミ入れ!
SDBD:R 07 ヴァルキランダーの製作も終盤デス!

完成像を決めていなかったならば迷走もするもの。
当たり前ではあるけれども、ゴールを決めてから進むことの重要性を突き付ける。

SDBD:R 07 ヴァルキランダー

とはいえ、最大の難関であった塗装は終えて。
当記事エフ水彩によるウォッシング&スミ入れ。
それを終えたらマットバーニッシュにて仕上げ。

うん、完璧なプランだネ

なんだか一抹の不安を感じる文章に見えますが、大丈夫。
きっと。

関連記事はこちらから

完成 SDBD:R 07 ヴァルキランダー ガンプラ
ユネプラ一年前の挫折からリスタート。迷走をしつつも……SDBD:R 07 ヴァルキランダー、これにて完成です!一年前はマスキングに心が折れてリタイア。ちょい前にマジックリンで塗膜を落としリスタート。そして最大のテーマであり、こ...

エフ水彩とは

エフ水彩

ぺんてる株式会社の水彩絵の具。
水溶性であり、乾燥後も水に溶ける。

特長

  • 臭いが少ない
  • 乾燥後も水に溶ける

臭いは非常に低臭。
作業に専念できるのが嬉しいところ。

そして乾燥後も水で溶ける。
メリットともデメリットとも取れる要素。

私は一気に作業を進めることはなく、休み休み進めています。
集中力が持たない&目が慣れてしまうからネ

そうなると出てくるのが乾燥の問題。
乾燥後に耐水性となり、調整が難しい。
それに悩まされてきました。

いろいろ試して行き着いたのがエフ水彩。
乾燥後もで拭き取ることができ、少しずつ。
休み休み調整することが可能なのが嬉しいところ。

とはいえデメリットな面も。
乾燥後も水で溶ける=仕上げ材で溶ける

ということでもあり……
一層目は薄くソフトタッチをいつも以上に心がける必要があります。

ウォッシング&スミ入れを終えて

これが……風格……!

塗装で迷走したことにより塗膜も分厚い。

ということは……?

さすが塗り重ねただけはある。凹みディティールはうっすらと残るのみ。

やはり凹みディティールは埋まり勝ち。
当たり前ではありますが、塗膜は薄く。
最短工程を目指すことが、キレイな作品へと結びつく。

きっとそういうことなのだろうな……

と、ウォッシングをしつつ思う。
まぁ考えすぎてもどうにもならない時もあるので……
アップデートは行いつつも、気楽に。
できる範囲を半歩でも広げられたらいいなと思う今日この頃。

まとめ

でもなんというかこう……風格……?独特なナニカがあるネ。

なんやかんやで終わりでありゴールが見えたSDBD:R 07 ヴァルキランダー。
マジックリンからのリスタート。
そこから始まりウォッシングも終え、残すは仕上げ。
サクサクっと行きましょう。

ユネプラ
ユネプラ

エフ水彩でウォッシング SDBD:R 07 ヴァルキランダー、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

続きの記事はこちら

完成 SDBD:R 07 ヴァルキランダー ガンプラ
ユネプラ一年前の挫折からリスタート。迷走をしつつも……SDBD:R 07 ヴァルキランダー、これにて完成です!一年前はマスキングに心が折れてリタイア。ちょい前にマジックリンで塗膜を落としリスタート。そして最大のテーマであり、こ...

一つ前の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました