PR

アクリル絵の具で全塗装して完成! | HG 1/144 ザウォート

完成品
ユネプラ
ユネプラ

「HG 1/144 ザウォート」が完成いたしました!

完成までの過程を”サクッと”振り返り、完成品レビューへ参りましょう!

機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ザウォート」。御三家の一角「ペイル社」のモビルスーツ。エラン・ケレスが所属する寮です。

軽量性を重視した設計。そしてトリゴナルスラスターによってフライトユニットを使わずに単独の飛行能力を持っている機体です。

話は変わり、最近のマイトレンド「ホワイト&パープル」を中心としたカラーリング。そしてラップ塗装を添えてイメージチェンジ。完成いたしました。

それではサクッと各工程の振り返り。そして完成品レビューへ参りましょう!

スポンサーリンク

仮組み

▲ガンダムファラクトと似ている点もあり、そこが面白いところ

切り出し、ゲート処理、表面処理を終えて仮組み。「HG 1/144 ガンダムファラクト」と似ているところもあり、同じ会社のモビルスーツということを感じ、そこが面白いところ。

自立も可能ではありますが、上半身に重心が寄っていることもあり難しい。台座の使用がお勧めです。

下地塗装

▲真っ黒にしましょう

ターナー色彩株式会社U-35 ACRYLICSよりブラックジェッソを使用して下地塗装。真っ黒にして重厚感アップ。絵の具の食いつきも高めます。

塗装

▲色を塗りましょー!
  1. ラップ塗装
  2. 塗装

以上の順番で進めます。ラップ塗装コントロールが難しくはみ出がち。という経験を踏まえて最初にラップ塗装を行いました。

その後、塗装を行い色を乗せる。ターナー色彩株式会社アクリルガッシュを筆でペタペタと塗りました。

ウェザリング・仕上げ(トップコート)

▲完成の一つ手前。この状態が……いいよね!

ターナー色彩株式会社U-35 ACRYLICSウォッシングドライブラシエイジングトップコートは同社のマットバーニッシュでつや消しにします。

完成

▲ラップ塗装で乗せた色はオレンジ。オラ付いた印象に。

機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ザウォート」が完成いたしました!ホワイト・パープルをメインカラーとしてアクセントにラップ塗装。筆による塗装で製作いたしました。

▲基本的な配色はハインドリーと同様。異なるのはラップ塗装の色。結構印象が変わりますねぇ。

苦戦したのはホワイトの塗装。配置は「HG 1/144 ハインドリー」と変わりませんが、面積が広かった……とくに胸部。どこかで見た気がするシルバー→ホワイトの順番に変えたところ、楽でした。いやぁ先人の知恵は偉大なり。

▲苦労はしたものの、無事に仕上がりホッと一息

そんなこんなで完成した「HG 1/144 ザウォート」。いろいろなポージングで撮影したので見ていただければ幸いです!

写真置き場

▲トリゴナルスラスター点火!
▲シュボボボボ
▲ビームガンはこんな感じ
▲ビシュウウ
▲ビームガンに左手を添えて
▲抜刀!
▲角度を変えて
▲二刀流!

まとめ

▲ホワイトの塗装がキマり、嬉しいところ

機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ザウォート」が完成いたしました。前回に引き続きラップ塗装をアクセントに加えましたが、良いですね……。

YouTubeではターンテーブル動画を中心に構成しています。よろしければ、ぜひご覧ください。

それではここまでで。また次の記事でお会いしましょう!

ペイル社のモビルスーツ「ザウォート」のガンプラ
¥2,100 (2023/03/11 20:21時点 | Amazon調べ)

YouTube版はこちら

ユネプラ
ユネプラ

アクリル絵の具で全塗装して完成! | HG 1/144 ザウォートは、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク
ユネプラ

ご訪問ありがとうございます。
プラモデル製作が趣味なユネプラです。

寝室と作業部屋が同じである。
そしてシンナー臭が苦手なことから、臭いの少ない道具を使って製作しています。

・他人がいる環境で製作する方
・シンナー臭が苦手な方

…などのお悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

何事もなければ17時に更新しているので、立ち寄っていただければ幸いです。

ユネプラをフォローする
完成品
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ユネプラをフォローする
ユネプラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました