ぷちりっつ セイバー/アルトリア・ペンドラゴン 下地塗装

過程
ユネプラ
ユネプラ

下地塗装を行います!

合わせ目消し(消せたと信じたい)が終わったぷちりっつの「アルトリア・ペンドラゴン」
ターナー色彩株式会社のジェッソを筆塗りにて、下地塗装を行いましょう。

この記事がオススメな方
  • 下地塗装に使用した道具を知りたい方

下地塗装

塗装の準備として行う「下地塗装」
やってもやらなくても良い工程でもありますが、以下の場合はやっておいた方がオススメです。

  • 成型色をリセットしたい場合
  • 加工でついた小さな傷を埋めたい場合
  • 絵具・塗料の食いつきを高めたい場合
  • 異なる成型色から同一の完成色を目指したい場合

下地塗装に使用した道具

ターナー色彩株式会社の水溶性の下地材「ジェッソ」2種類を使います。
甲冑などのシルバーを塗る予定のモノはブラックジェッソ。
髪や肌などは「ジェッソ+U-35 ACRYLICS」で色付けをしたモノを下地として塗装します。

筆はぺんてる株式会社のナイロン毛の筆。
ぺんてる ネオセーブル 平筆14号を使用。
やや大きめの筆ではございますが、その分サクサクと進みます。

まとめ

ぷちりっつの「アルトリア・ペンドラゴン」の下地塗装が終わりました。
パーツ数が少ないこともあり、スピーディー。
このままの勢いで塗装も進めたいところです。

ユネプラ
ユネプラ

ぷちりっつ セイバー/アルトリア・ペンドラゴン 下地塗装、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました