HG 1/72 ブレイディハウンド ジェッソで下地塗装

HG 1/72 ブレイディハウンド各工程
ユネプラ
ユネプラ

下地塗装で使用した道具などを紹介します!

下地塗装へ踏み入れる「HG 1/72 ブレイディハウンド」
技法は筆塗り。
下地材はターナー色彩株式会社の「ジェッソ(U-35 ACRYLICS)」を選択。

それでは塗りましょう!

 

HG 1/72 ブレイディハウンドの関連記事

  1. 素組レビュー
  2. 加工
  3. 下地塗装
  4. 塗装
  5. 仕上げ
  6. 完成品レビュー

下地塗装

本塗装の前段階、下地塗装。

  • 成型色を隠蔽する
  • 下地色を統一する
  • 絵具・塗料の食いつきを高めるため

……などの目的のために行う工程です。
デメリットとしては、

  • 塗膜が分厚くなる
  • 時間がかかる

……などがあります。

下地塗装で使用した道具

ジェッソは100均で購入したドレッシングボトルに入れ替えています。
  • ジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ブラックジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号

ターナー色彩株式会社水溶性下地材「ジェッソ」を選択。
アクリル絵具のシリーズであるU-35 ACRYLICSシリーズに含まれる下地材です。

「HG 1/72 ブレイディハウンド」の下地には、

  • ジェッソ 30%
  • ブラックジェッソ 70%

……くらいの比率で混ぜ合わせたダークグレーなジェッソを塗装します。

塗装はぺんてる株式会社「ネオセーブル 平筆14号」を選択。
その大きさを活かし、サクサクとスピーディーに進めます。

まとめ

「HG 1/72 ブレイディハウンド」の下地塗装が終わりました。
塗装をしているときは「スーッ」とすると言いますか……
なんとも心地よい感覚になり、とても好みです。

さてさて次回はいよいよ本塗装。
引き続きぺたぺたしていきましょう。

ユネプラ
ユネプラ

HG 1/72 ブレイディハウンド ジェッソで下地塗装は、ここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました