U-35と筆を用いて全塗装!HG ザクウォーリア ガンプラ

過程
ユネプラ
ユネプラ

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する量産型モビルスーツのプラモデル。
HG GUNDAM SEED 018 ザクウォーリアの塗装を行います!

なんとなく黒い下地を塗り、なんとなく全塗装へとかじを切ったHG ザクウォーリア。
そして塗り終えたところで、まとめましょう。

使用したモノ

  • U-35 各色
  • グロスメディウム

ターナー色彩株式会社アクリル絵具であり、アクリリックスとも言うU-35を使用。
色の濁りの少なさ、発色の良さ、臭いの少なさなどがお気に入り。

グラデーションをかけてみようと思いグロスメディウムを用いて透明度の調整。
やってみたものの、なかなかうまくいかず。
透明度は高くなるのですが粘度が高く、調整が難しい。

ぬぬぬ

グレージングメディウムというグラデーション技法にオススメな添加剤があるのですが、以前欲しいと思ったタイミングでは在庫切れ。
はたして今は……

ありました

ということでポチリ、購入。
届くのが楽しみですな。

色レシピ

さてさてメモ代わりに色レシピを。

カラー配合は参考値です。
%は目安であり、厳密な数値ではありません。

装甲・ブルーグレー

グラデーション(グレージング)を意識したけれど、まだまだ。経験値が必要ですな。
  • ニュートラルグレー5 70%
  • フタロ ブルー (グリーン シェード) 30%

装甲・ホワイト

白は難しい。パッキリと発色させつつ、味のある感じを目指しつつ。一番時間がかかった色ですな。
  • チタニウム ホワイト 100%

装甲・グレー

持っておくと安心。ニュートラルグレー5。
  • ニュートラルグレー5 100%

装甲・オレンジ

お気に入りの色へ
  • ライト オレンジ 70%
  • ピロール オレンジ 30%

フレーム・メタリック

単色で用いるよりも輝きを抑え、重厚感があるメタリックへ。
  • イリデッセントシルバー 50%
  • ジェット ブラック 25%
  • ロー アンバー 25%

武器・持ち手

実際に革が用いられることはないけれど、滑り止めなイメージ。
  • イエロー オーカー 100%

ビーム アックス

ビームの刃のグラデーション。なかなかうまくいったのでは。と、自画自賛。
  • ライト マゼンタ
  • チタニウム ホワイト

グラデーションを意識して塗装。

HG ザクウォーリアを塗り終えて

組み上げたらどうなるか。

大体イメージ通りではありますが、ほんの気まぐれで調色したブルーグレー。
それがイイ感じの色をしていますが、組み上げ完成したときにどうなるか。
まだまだ道は続くものの登山だとしたら山頂に到達。
ここからは早いものの、コケたりしないよう要注意。

まとめ

楽しみ

HG ザクウォーリアの塗装が終わりました!

なんとなく全塗装

「なんとなく」とは言っておりますが、考えてから塗装しています。

30%ほど

さて詰めの工程へと足を踏み入れるHG ザクウォーリア。
いざいざ進めるといたしましょう。

ユネプラ
ユネプラ

U-35と筆を用いて全塗装!HG ザクウォーリア、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました