HG 1/72 ブレイディハウンド プラバンでディテールアップ

過程
ユネプラ
ユネプラ

ディテールアップを行います!

境界戦機のプラモデル「HG 1/72 ブレイディハウンド」ディテールアップを行います。
細かくカットしたプラバンを貼ることでちょっとした密度感の上昇を狙います。

プラバンの貼り付け

ディテールアップの手法のひとつ、プラバンの貼り付け。
「HG ディテールパンチ 台形①」で打ち出したプラバンを、さらに細かくカットしたモノを主に使いディテールアップを行います。

プラバンの貼り付けで使用した道具

  • プラバン 0.3mm
  • HG ディテールパンチ 台形①
  • モデラーズナイフ
  • 瞬間接着剤

プラスチックの板「プラバン」は0.3mmのモノを使います。
発売はミニ四駆などでおなじみの株式会社タミヤ。
0.3mmという厚さには後述のディテールパンチが関わります。

用意したプラバンを株式会社ウェーブから発売した「HG ディテールパンチ 台形①」で打ち出します。
書類などをファイリングするときに使う2穴パンチ。
それを複雑な形状に打ち出せるようにしたモノです。
切断能力は「0.3mm」まで。
……ということで、先述のプラバンを用意しました。

「HG ディテールパンチ 台形①」で打ち出したプラバンをさらに細かくカットします。
使用するのはデザインナイフの一種「モデラーズナイフ」
刃幅が長いのが特徴で、短い長さなら押し切ることが可能です。

カットしたプラバンは瞬間接着剤で接着します。
合わせ目消しなどでも使う「イージーサンディング」を選択。
プラバンの貼り付けに対してはこだわる必要はありませんが、開封した瞬間接着剤は徐々に硬化していくもの。
使えるときに使いましょう。

ビフォーアフター

控えめながらも、プラバンによるディテールアップが終わりました!
それにしても「HG 1/72 ブレイディハウンド」はディテールが濃いですね。
そのままで良い感じなので、ほんの少しの自己主張……

それに留めて、素材の良さを活かす方向性といたしました!

まとめ

境界戦機のプラモデル「HG 1/72 ブレイディハウンド」の加工が終わりました。
このあとは、いよいよ塗装。
楽しんでいきましょう。

ユネプラ
ユネプラ

HG 1/72 ブレイディハウンド プラバンでディテールアップは、ここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました