HG 1/72 ブレイディハウンド アクリルガッシュで筆塗り塗装

過程
ユネプラ
ユネプラ

塗装が終わりました!
当記事では塗装で使った道具などを紹介いたします!

境界戦機の北米同盟軍のアメイン……のプラモデル「HG 1/72 ブレイディハウンド」
楽しい塗装へと歩を進めます。

技法は筆塗り。
絵具はターナー色彩株式会社のアクリルガッシュ。

それでは塗りましょう!

塗装

色を塗る工程である塗装。
いろいろな手法がございますが、筆塗り(Brush paint)で塗装を行います。

塗装で使用した道具

  • ターナー アクリルガッシュ 各色
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆6号
  • ウォーターパレット(ウェットパレット)

ターナー色彩株式会社の水溶性の絵具「アクリルガッシュ」を選択。
希釈は水で可能であり、臭いも少ない絵具です。

筆はぺんてる株式会社の「ネオセーブル」を選択。
まずは大きめの「平筆14号」でサクッと塗装。
その後「平筆6号」で詰めを行う……そういう流れで塗装しています。

パレットは「ウォーターパレット(ウェットパレット)」を使います。
100均の道具を組み合わせて製作したモノであり……

  • 容器
  • スポンジ
  • クッキングシート(容器のサイズに合わせてカット。クッキングシートがパレットになります。)

以上の3つを組み合わせたモノ。

絵具の使える時間が伸び、なくてはならないものです。

まとめ

「HG 1/72 ブレイディハウンド」の塗装が終わりました。
なんだかカボチャっぽくなり、季節外れのハロウィンを感じています。

次は、

  1. デカール
  2. クリア塗装(デカール保護のため)
  3. ウォッシング&スミイレ
  4. ドライブラシ
  5. トップコート(つや消し)

……という感じですね。
まだまだぺたぺたと進めて行きましょう!

ユネプラ
ユネプラ

HG 1/72 ブレイディハウンド アクリルガッシュで筆塗り塗装は、ここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました