[検証]U-35シリーズの『ジェッソ』の塗膜強度を4つの方法で検証

お役立ち情報
ユネプラ
ユネプラ

水性の下地剤であるU-35シリーズの『ジェッソ』塗膜強度を4つの方法で検証。
さらに、もしも落としたい場合の方法もご紹介!

ターナー色彩株式会社が開発、販売を手掛けている『U-35』シリーズの下地剤である『ジェッソ』
乾燥前は水に溶ける『水性』であり、乾燥後は水に溶けない『耐水性』となる特性。
使ってみたところ、臭いは非常に少なく使いやすい『下地材』です。

色は2種類あり……

  • ジェッソ=白
  • ブラックジェッソ=黒

です。

乾燥後の質感は画用紙のよう。
上品であり、サラサラな質感です。

しかし気になるのは塗膜強度。
はたしてどの程度の負荷まで耐えることが可能なのか。
『ジェッソ』の塗膜強度を4つの方法で検証いたします。

『ジェッソ』とは

私もそうですが、ガンプラから入ると聞きなじみのない単語。

ジェッソ

用途としてはアクリル絵具などのノリを良くするためのモノ。
絵具の定着を良くするためのモノです。

ガンプラをはじめとしたプラモデルで用いるサーフェイサーと塗る対象は違うものの。
どちらも『下地材』という点で同じですな。

U-35シリーズの『ジェッソ』の塗膜強度

プラスチックスプーンに『ジェッソ』を塗装。

100均で購入したプラスチックスプーンにU-35シリーズの『ジェッソ』を塗装。
さっそく検証していきます。

1 爪で力を入れずにカリカリ

驚きの白さ

まずは恐る恐る、爪で力を入れずにカリカリと擦ります。
見た目にも変化はなく、爪にも『ジェッソ』は付着せず。

『爪で力を入れずにカリカリ』くらいの負荷では大丈夫。

続いては……

2 100均で購入した化粧筆でこする

化粧筆でこすったところ、変わらず

続いては100均で購入した化粧筆でこすります。
毛の硬さは『柔らかい』
これをクリアできれば、ドライブラシも安心というもの。

結果はスプーンにもブラシにも変化はなし。

『100均で購入した化粧筆でこする』くらいの負荷では大丈夫。
続いては……

3 硬さは『ふつう』の歯ブラシでゴシゴシ

なにもおこらなかった

さすがに、なんらかの変化は起きるのではと期待。
しつこくゴシゴシゴシゴシと……

変わらず

うそん

4 親指の爪で力を入れてガリっと

がりっ

さて一周して爪に戻ってきました。
1回目の検証と違うのは力を入れること。

こそパワー

ついに剥がれました。
剥がれはしたものの、ここまでの検証で塗膜の強度はかなり強いことが分かりました。

落としたいときはマジックリンで

乾燥したけれども失敗した!
どうしよう!

そんなこともあるかと思います。

水で洗っても落ちず、手洗いなどで使うお湯の温度(約40°)でも落ちず……
でも、キッチン用のマジックリンに漬けておけば落ちます!

キッチン用のマジックリンは薄めずに使用。

手順は……

  1. パーツが入る容器を用意する
  2. マジックリンを入れる
  3. パーツを10分ほど漬ける
  4. 歯ブラシなどでこすり、落とす

以上の4ステップで落とすことが可能。
これでいくらでもトライ&エラーできますネ!

まとめ

ジェッソの特長など

水性の下地剤である『U-35』シリーズのジェッソの塗膜強度は強め。
感覚的なモノであり、数値化ができないのがもどかしいですが……

乾燥前は水で希釈が可能であり、臭いは非常に少なめ。
エアブラシで塗装は可能なものの、『20%までの水』という範囲はオーバーするかと思うのであくまでも『自己責任』で。

臭いの少ない下地材をお探しならば、オススメしたい下地材です!

ユネプラ
ユネプラ

[検証]U-35シリーズの『ジェッソ』の塗膜強度を4つの方法で検証、はここまで!
ご覧いただきありがとうございます!

↓紹介したジェッソはこちらから↓

↓同シリーズの黒バージョンはこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました