PR

グロスメディウムでレンズ風に | HG 1/144 ティックバラン

ツール
ユネプラ
ユネプラ

「HG 1/144 ティックバラン」の仕上げ塗装が終わりました!

機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ティックバラン」。MSを乗せたりぶら下げたりして飛行するサポートメカです。

成型色活かしで製作した本作も終盤へ。マットバーニッシュで塗膜の保護。部分的にはグロスバーニッシュでアクセント。そしてセンサー部分にはグロスメディウムでレンズ風にいたしました。

それでは見てみましょう!

仕上げ塗装

▲サクッと塗りましょう!

塗膜の保護。そして作品の保護のためにクリアー(透明な仕上げ材)を塗装します。この時に選択する質感によって……

作品の最終的な見た目・印象
……を、決定づける工程でもあります。

仕上げ塗装で使用した道具

マットバーニッシュ
マットバーニッシュ
  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS マットバーニッシュ
  • ターナー色彩 U-35 ACRYLICS グロスバーニッシュ
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号

ターナー色彩株式会社のU-35 ACRYLICSシリーズの仕上げ材「マットバーニッシュ」を主に塗装します。水で希釈が可能な水溶性。乾燥後は耐水性、そしてつや消しの質感に。臭いも少なく扱いやすい仕上げ材です。

マットな質感に仕上がる仕上げ材。水で希釈が可能な水溶性で、乾燥後は耐水性。臭いの少なさが魅力の仕上げ材です。
¥880 (2024/06/17 22:35時点 | 楽天市場調べ)

航空灯には「グロスバーニッシュ」を塗装。グロスでツヤ有りの質感の仕上げ材。マットバーニッシュと質感を分けることでメリハリアップを狙います。

乾燥後はグロスの質感になる仕上げ材。水で希釈が可能な水溶性で、乾燥後は耐水性。臭いは少ないです。
¥1,100 (2024/06/18 15:48時点 | 楽天市場調べ)

塗装する面積が広いので大きな筆を使います。使用する筆はぺんてる株式会社ネオセーブルより「平筆14号」。大きさを活かしサクサクと進めます。

大まかな塗装や、下地塗装、仕上げ塗装にオススメな大き目の筆
¥440 (2024/06/18 06:24時点 | 楽天市場調べ)

センサー部分はグロスメディウムでレンズ風に

▲シールを貼り、そのうえにグロスメディウムを爪楊枝でチョンと乗せる。レンズ風になった。

機首のセンサー、テールランプはシールを貼ります。その後、ターナー色彩株式会社のU-35 ACRYLICSより「グロスメディウム」「爪楊枝」で乗せます。

本来は透明度の調整、粘度の調整のためのメディウム(添加剤)ですが、乾燥すると厚みのあるクリアーになる。それを活かし「レンズ風」とします。

UVレジンと異なる点は

  • 自然乾燥
  • 臭いが少ない

以上の2点。

乾燥時間は5~15分程度。乾燥前は白く濁っていますが、乾燥すると透明に変化します。

U-35 ACRYLICSの透明性を上げる添加剤。透明なアクリル絵の具としての用途もアリ(レンズ的な表現にも!)
¥760 (2024/06/12 19:32時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

▲仕上げ塗装が終わりました!

機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ティックバラン」の仕上げ塗装が終わりました。試しにやってみた「グロスメディウム」でのレンズ表現。写真では分かりにくいですが、シールのうえにやや厚みのあるクリアーがありレンズっぽい。動画で表現できるといいなぁ。

次回は撮影会。楽しむと致しましょう!


YouTube版はこちら

ユネプラ
ユネプラ

グロスメディウムでレンズ風に | HG 1/144 ティックバランは、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク
ユネプラ

2級色彩コーディネーターのユネプラです。

主に筆塗りに関する知識や、製作の過程・ツールのレビュー、プラモデルのレビューなどを発信しています。

臭いの少ないツールで製作しているので、配慮が必要な環境で製作している方の参考になれば幸いです。

ユネプラをフォローする
ツール
ユネプラをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました