PR

成型色を活かした下地塗装 | HG 1/144 ティックバラン

ツール
ユネプラ
ユネプラ

下地塗装が終わりました

機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ティックバラン」。MSを乗せたりぶら下げたりするサポートメカです。

今作では成型色を活かして製作する予定。いつもの手法は使えません。ということで簡単フィニッシュ週末モデリングと呼ばれる手法を参考に製作いたします。

まずは色分けのシール貼り

▲貼り直しが効かないシール貼り。ドキドキ

下地塗装の前に、色分けのシールを貼ります。貼る番号は1番と2番。塗装では手間のかかるホワイトとイエローはシールに頼りましょう。シールを貼る手順は、

  1. 台紙を曲げて剥がれやすくする
  2. ピンセットでつまみ、剥がす
  3. 慎重に貼る
  4. 綿棒で定着を高める

以上の順番で貼り付けます。塗装で進めるよりも早く終わりますが、貼り直しが効きません。塗装以上の緊張感があるシール貼りですね。

つや消しクリアーで下地塗装

▲1回目は”はじく”部分があり不充分。2~3回ほど塗り重ねた方が安心です。

ターナー色彩株式会社のU-35 ACRYLICSシリーズよりマットバーニッシュで下地塗装を行います。水で希釈が可能な水溶性。乾燥後は耐水性に変化。つや消しの質感であり、臭いが少なく扱いやすい仕上げ材です。

それを若干の水で薄めて2~3回ほど塗り重ねます。

室内かつ換気が難しい場合に”特に”お勧めです。

マットな質感に仕上がる仕上げ材。水で希釈が可能な水溶性で、乾燥後は耐水性。臭いの少なさが魅力の仕上げ材です。
¥880 (2024/06/17 22:35時点 | 楽天市場調べ)

つや消しを塗装する理由

▲シールを貼ったパーツも忘れずにクリアー。他より気持ち多めに塗り重ねた

絵の具の定着を高めるため、そしてウェザリングの食いつきを高めるためです。プラスチックそのままの表面では定着が弱いですが、サラサラとした表面にすることで描きやすくシッカリと定着させることが可能です。

まとめ

▲写真では分かりませんが、サラサラとした質感に。さぁ部分塗装を行いましょう!

機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ティックバラン」下地塗装が終わりました。写真からは変化がほとんどわかりませんが、サラサラとした質感に。絵の具の定着が高まったことでしょう!きっと。

ここから先は部分塗装。凹みモールドの黒塗りやシルバーのアクセントを加えて行きましょう!


YouTube版はこちら

ユネプラ
ユネプラ

成型色を活かした下地塗装 | HG 1/144 ティックバランは、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました