ウェザリングと仕上げ HG 1/144 ガンダムアスタロト

過程
ユネプラ
ユネプラ

HG 1/144 ガンダムアスタロトのウェザリングを行います!

塗装も終えて、いよいよ終盤なHG 1/144 ガンダムアスタロト。
水彩絵具によるウォッシング、そしてフレーム部分へのドライブラシ。
そしてバーニッシュによる仕上げを行います!

ドライブラシ

エッジが擦れて、塗膜のなかの金属が見える感を演出する、ドライブラシ

少量の絵具を筆につけ、それをさらにキッチンペーパーなどで拭き取り、ごくごく少量に調整。
その後、対象のエッジをはたくように筆を動かすことによってエッジの擦れ感などを演出するドライブラシ。
HG 1/144 ガンダムアスタロトのフレーム部分にそれを行っていきます。

ドライブラシに使用したモノ

  • イリデッセント シルバー (U-35 ACRYLICS)

ターナー色彩株式会社アクリル絵具U-35 ACRYLICSイリデッセントシルバーを使用。
別名アクリリックスとも呼ばれる、主に塗装に使用する絵具です。
ごく少量を化粧筆のスマッジブラシにつけて、キッチンペーパーで拭き取る。
その後、エッジに「ワチョチョチョ」とはたいていく。
イメージとしては毛先ではたくイメージで、ひたすらはたいていきます。

ウォッシング

新品ではない使用感などを付与するウォッシング

ウェザリングに分類される技法のウォッシング。
「汚して洗い落とす」ことによる使用感、風合いの付与を行います!

ウォッシングに使用したモノ

  • ホルベイン 透明水彩 セピア

透明感のある滲みにじ具合が特徴的であり、色の重なりも演出が可能な透明水彩を使用。
乾燥前も乾燥後も水溶性であり、水に溶ける性質の絵具。
仕上げの工程の難易度は上がりますが、臭いの少なさと、時間を置いても調整が可能でありマイベストフィットです。

仕上げ

輝きますが、上手く撮れない……Oh……

作品の保護、そして最終的な質感が決まる仕上げ工程へと入ります!

仕上げに使用したモノ

  • マットバーニッシュ
  • グロスバーニッシュ

ターナー色彩株式会社U-35 ACRYLICSシリーズに含まれるバーニッシュを使用。
乾燥前は水溶性の仕上げ材であり、乾燥後は耐水性へと変化する性質をもちます。

基本はマットバーニッシュ。
ツインアイこと目のみ、グロスバーニッシュにて仕上げ、ワンポイントの輝きを狙いマス。

仕上げを終えて

いよいよ仕上げも終わり……!

いよいよHG 1/144 ガンダムアスタロトの仕上げが終わりました!
組み立てて完成へとしたいと、はやる心が訴えますがここはグッと我慢。
24時間ほど置いておいて、シッカリと乾燥させてからの……
完成へと参りましょう。

まとめ

HG 1/144 ガンダムアスタロトも残す工程はあとわずか。
ディティールアップこそ行っていませんが、既存のディティールが多めの機体。
それを利用しての色分けを行い、情報量が高めな作品へと……仕上がるでしょう!

ユネプラ
ユネプラ

ウェザリングと仕上げ HG 1/144 ガンダムアスタロト、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました