ブラックジェッソで下地塗装 アニマギア7 カイギアス

各工程
ユネプラ
ユネプラ

アニマギア7 カイギアスの下地塗装を行います!

素組が終わったカイギアス。
骨ことボーンフレーム。
装甲ことニッカカウルを分解し……
ターナー色彩株式会社U-35シリーズからブラックジェッソ。
ブラックジェッソを筆で塗装し、これを下地とします。

関連記事はこちらから

シルバーを下地に! アニマギア7 カイギアス
...
筆塗りにて塗装 アニマギア7 カイギアス
...
エフ水彩でウォッシング アニマギア7 カイギアス
...

ジェッソ(U-35)とは

ここで言うジェッソはターナー色彩株式会社が開発を手掛けたU-35シリーズのジェッソです。

水溶性下地材であり塗料、絵具の食いつきを良くする。
乾燥後は耐水性へと変化し、水に耐性ができる。
色は2種類あり、ジェッソ(白)とブラックジェッソ(黒)

好んで使用している下地であり、理由は臭い。
臭いは少なく、製作に集中できるのが好ポイント。

ジェッソドレッシング

2種を混色してグレーのジェッソにする。
ということも可能であり、自由度も高い。

細かい仕様の違いはあれど、プラモデルの下地として使う「サーフェイサー」と似ているモノ。
プラモデルに色を塗る場合の下地としても、機能します。

消し炭へ進化!

ライトを調整し立体感を出して~の。場合によってはベタ塗りになってしまう。

ブラックジェッソを筆にて塗装を行い色をリセット。
統一が終わりました。
なんと形容するのがいいだろうか。
ガンプラだったらもう少し違う表現になっただろうが、これは竜。
竜ではあるけれども、魚の骨。
違うはずだけどそう見えた。
そう見えちゃったら、もうそれにしか見えない不思議。

焼きすぎて消し炭になっちゃった

しっくり来すぎてコワイ。
まぁまだまだ続く。
なんなら下地もまだまだ続く。
俺たちの戦いは……これからだ……!

まとめ

俺たちの戦いは……まだまだ続く!

大人の事情で打ち切りになる最終回のような締めでしたが、続きます。

きっと。

ふわっとしたプランですが、ふわっとやってみたいこともあるので。
まだまだ続くのじゃ。

ユネプラ
ユネプラ

ブラックジェッソで下地塗装 アニマギア7 カイギアス、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

続きはこちら

下地の色の使い分けで立体感アップ! アニマギア7 カイギアス
...

一つ前はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました