仕上げはGlossで アニマギア7 カイギアス

完成作品
ユネプラ
ユネプラ

アニマギア7 カイギアス、よそおいもあらたに完成です!

エフ水彩によるウォッシングを終えたカイギアス。
仕上げの質感は悩みましたがツヤ有りを選択。
ターナー色彩株式会社「U-35」シリーズの「グロスバーニッシュ」を筆で塗装。
これにて完成です!

関連記事はこちらから

ブラックジェッソで下地塗装 アニマギア7 カイギアス
ユネプラアニマギア7 カイギアスの下地塗装を行います!素組が終わったカイギアス。骨ことボーンフレーム。装甲ことニッカカウルを分解し……ターナー色彩株式会社のU-35シリーズからブラックジェッソ。ブラックジェッソを筆で塗装し、こ...
シルバーを下地に! アニマギア7 カイギアス
ユネプラアニマギア7 カイギアスの下地、最終局面!これはこれでアリかな。と、思いつつも下地デス!モノクロでありつつも、明度の差がうまれたことによりグッと見栄えがアップなカイギアス。ターナー色彩株式会社の「U-35」の「イリデッ...
筆塗りにて塗装 アニマギア7 カイギアス
ユネプラアニマギア7 カイギアスに色を乗せて行きます!シルバーを塗装し、金属感を纏まといしカイギアス。オリジナルのカラーは青系。同じ色を塗ってもつまらない。いろいろ候補はありましたが、敢あえてのシンプル!青には赤でし...
エフ水彩でウォッシング アニマギア7 カイギアス
ユネプラアニマギア7 カイギアスにエフ水彩を用いてウォッシングを行います!塗装を終えて青から赤へとイメチェン。生まれ変わったカイギアス。とはいえ、まだまだ無機質な側面が勝る印象。そこで暗い赤に調色を行ったエフ水彩でウォッシング...
スポンサーリンク

使用したモノ

キャップが片手でも開けられること。開けやすいこと。ついつい抜けがちだが大きなこと。
  • グロスバーニッシュ(ターナー色彩株式会社のU-35より)

使用した仕上げ材はターナー色彩株式会社「U-35」シリーズから。
グロスバーニッシュを選択。
水溶性の仕上げ材であり、乾燥後は耐水性。
質感はツヤ有り。
伸びが良く、腕前以上にいい感じに仕上がる仕上げ材。

そして臭いが少ないことも好ポイント。
キャップが片手でも開けることが可能なデザインなことも、さりげに好ポイント。

グロスバーニッシュを塗り終えて

ざらつきのあるツヤ。言葉にすると矛盾がスゴイ気がするが、これこそ「ざらつきのあるツヤ」

ツヤ有りの仕上げ材である「グロスバーニッシュ」を2回ほど塗装。
しっかりと乾燥させて……

アニマギア7 カイギアスの完成です

たまには背面も。ボーンフレームとのコントラストがたまらん。

装いも新たにクリムゾン。
ボーンフレーム(骨)のメカニック感。
ニッカカウル(装甲)の生物感。
スタンプのように塗装を行ったことにより、のある表面へ。

ツヤ有りは環境。周りの影響を強く受けやすいのが面白いところ。

ツヤ有りの面白いところは照明、環境によっての見え方。
表情の幅が広いこと。
時間によって、日によって違う表情を楽しめるのがツヤ有りの良いところですな。

ちょっと角度が変わると光具合も変わる。

スーパーで一つだけ残っていたカイギアス君。
これぞ衝動買いという買い方でしたが……
めっちゃイイ買い物でした。

まとめ

目がギラリ!うまい具合に光る!

アニマギア7 カイギアス、これにて完成です!
からあかへ。
ブルーからクリムゾンへ。

レッドじゃなくてクリムゾン。
ここテストに出ますヨ。

ユネプラ
ユネプラ

仕上げはGlossで アニマギア7 カイギアス、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

一つ前はこちら

エフ水彩でウォッシング アニマギア7 カイギアス
ユネプラアニマギア7 カイギアスにエフ水彩を用いてウォッシングを行います!塗装を終えて青から赤へとイメチェン。生まれ変わったカイギアス。とはいえ、まだまだ無機質な側面が勝る印象。そこで暗い赤に調色を行ったエフ水彩でウォッシング...

コメント

タイトルとURLをコピーしました