PR

【完成】30MS SIS-A00 ティアーシャ [スカイ]

完成品
ユネプラ
ユネプラ

30MS SIS-A00 ティアーシャ[カラーB]を全塗装し、完成いたしました。

当記事では使った絵の具、筆、スミイレで使った道具の紹介。

そして完成品の紹介を致します。

今回は「30MS SIS-A00 ティアーシャ[カラーB]」「30MS オプションパーツセット2(フライトアーマー)」を組み合わせて筆で全塗装。完成したので、記事にまとめました。

  1. コンセプト
  2. 使った絵の具(ザックリとした色レシピもアリ)
  3. 使った筆
  4. スミイレに使った道具
  5. 完成品

以上の5項目に分けて構成しています。

それではいってみましょう!

30MS SIS-A00 ティアーシャ[スカイ]

塗装前の状態

使ったパーツは

  • 30MS SIS-A00 ティアーシャ[カラーB]
  • 30MS オプションパーツセット2(フライトアーマー)

以上の二つを組み合わせて悩みに悩んだ末、「説明書通り」に収まりました。

若干のアレンジはしていますが……。

いかにも「空(Sky)」を飛びそうなスタイルなので、「空(Sky)」をコンセプトに据えて色を考えます。

  • 空をイメージした「ブルー」
  • 雲をイメージした「ホワイト」
  • 夕焼けをイメージした「オレンジ」を差し色に

3つの色と、関節などには「暗めのグレー」を塗ることに決めました。

塗り方は筆で塗る「筆塗り」を選択。マスキングをしなくても細かい塗装が可能で、融通が利く手法。また、まだまだ寒いので換気は最小限にしたい。そんな諸々の思いがあったりなかったりする「筆塗り」です。

ターレンスジャパンのアクリリックガッシュ(アクリルガッシュ)

絵の具は株式会社ターレンスジャパンの「アムステルダム アクリリックガッシュ(アクリルガッシュ)」を使うことに決めました。2023年末に世界堂の福袋「アクリルセット」で手に入れたモノです。

製品名は「アクリリックガッシュ」となっていますが「アクリリック」はいろいろな言い方があるのが曲者です。英語の綴りは「Acrylic」ですが日本語としては、

  • アクリル
  • アクリリック
  • アクリラ

知っている限りでも3パターンとバリエーションが豊富です。

ややこしい。

アクリリックガッシュ(アクリルガッシュ)の特徴

  • 隠ぺい力(被覆力)が強い
  • 乾燥後はつや消し(マット)な質感になる
  • 水で希釈が可能
  • 臭いが少ない

以上のメリットがありますが一方、

  • ひび割れがしやすい(曲げなどが発生する対象には適さない)

以上のデメリットもあります。

アクリリックガッシュ(アクリルガッシュ)は隠ぺい力が強く、臭いも少なく扱いやすい絵の具ではありますが、「ザクの動力パイプ」などの曲げが発生するパーツには適しません。

塗る対象を見極めて使いましょう(‘ω’)ノ

色レシピ

おおよその比率ではありますが、色レシピです。

  • ブルー
色名比率(おおよそ)
ウルトラマリン(ULTRA MARINE)7
チタニウムホワイト(TITANIUM WHITE)3
  • ホワイト
色名比率(おおよそ)
チタニウムホワイト(TITANIUM WHITE)9
イエローオーカー(YELLOW OCHRE)1
  • オレンジ
色名比率(おおよそ)
アゾオレンジ(AZO ORANGE)7
チタニウムホワイト(TITANIUM WHITE)3
  • グレー
色名比率(おおよそ)
ジェットブラック(JET BLACK)6
チタニウムホワイト(TITANIUM WHITE)3
ウルトラマリンバイオレット(ULTRA MARINE VIOLET)1
  • ブラウン
色名比率
バーントアンバー(BURNT UMBER)10
  • 髪色
色名比率(おおよそ)
スカイブルーライト(SKY BLUE LIGHT)5
チタニウムホワイト(TITANIUM WHITE)5

タミヤ モデリングブラシHF スタンダードセット

タミヤ モデリングブラシHF スタンダードセット

株式会社タミヤの「良い筆」のセット「タミヤ モデリングブラシHF スタンダードセット」を使って塗装を行いました。

感じたこととしては、

  • しなやか
  • 適度なはねっかえり
  • 水含み良く
  • 30MSの細かい面でも塗りやすい大きさ

以上の4点が挙げられて、今回初めて使ったのですが使いやすいですね。もっと早く使えばよかったなぁと思うところです。

筆が変わると塗り心地や仕上がりも変わるのが面白い。

プラモデルの塗装に使いやすいサイズの筆がセットになっています。
¥750 (2024/06/20 03:53時点 | 楽天市場調べ)

HFって何の略?

セットの方では英語の名前も「HF」と略されておりますが、個々の筆のページにその答えがありました。

  • TAMIYA MODELING BRUSH HIGH FINISH FLAT BRUSH NO.2

HIGH(高い)FINISH(仕上がり)の筆。いやぁスッキリした。

スミイレにはコピックマルチライナー

スミイレには株式会社Tooのコピックマルチライナーを使いました。特徴としては、

  • 色のバリエーションが豊富
  • 最小の軸先が0.03mm(一部の色は0.05mm)
  • 塗ってすぐなら綿棒などで拭き取れる(つや消し(マット)であったり傷があると染み込む場合があります。)
  • 彫りが浅くてもスミイレが可能

以上の4点が挙げられます。特に「彫りが浅くてもスミイレ」が可能で、「塗ってすぐなら綿棒などで拭き取れる」のがGood。掘り直しなどを行わなくてもスミイレをすることが可能です。

一方、彫りが深いと軸先が届かないので、別の手段でスミイレをしましょう。

使った色

塗る対象の色によって3色を使い分けました。

塗る対象の色使った色
ホワイトラベンダー
ブルーコバルト
オレンジとホワイトの境界ラベンダー
グレーブラック
ブラウンブラック

完成 | Complete

株式会社バンダイスピリッツのオリジナルガールズプラモデルブランド「30MINUTES SISTERS」「30MS SIS-A00 ティアーシャ[カラーB]」改め「30MS SIS-A00 ティアーシャ[スカイ]」の完成です!

筆による全塗装で、俗にいう「筆塗り」。特に脚部の塗り分けは塗りながら考える……というライブ感で塗っており、筆塗りならでは。マスキングをしなくてもなんとかなるのが「筆塗り」の良いところです。

基本的につや消し(マット)な質感ですが、ボディラインが現れる場所はスーツ感と言いますか、ピチッと感と言いますか……。質感を変えて楽しみました(*´Д`)

美プラは経験値が浅めですが、なんというか……可愛らしいポージングが難しいですね。まだまだ掴めません。気づけばカッコいい系なポージングになってしまいます。

それはそれとして完成した「30MS SIS-A00 ティアーシャ[スカイ]」。計画を建てて、実行する。細かい塗り分けなどはライブ感で行いましたが、想定の範囲内。計画を建てて進めると、次回の課題が見えやすいのも良いですね……!

おわりに

これにて「30MS SIS-A00 ティアーシャ[スカイ]」の完成です!

  1. 空を飛ぶので寒いだろう
  2. そうだ!ピチッとしたボディスーツを着せよう!

以上の思いつきでボディスーツ風にしましたが……。なんというか……良いですね(ニッコリ)

YouTubeの方にはターンテーブルを中心に構成しているので、そちらも見ていただければ幸いです!

それでは、また次回作で!


YouTubeへ

ユネプラ
ユネプラ

【完成】30MS SIS-A00 ティアーシャ [スカイ]は、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク
ユネプラ

2級色彩コーディネーターのユネプラです。

主に筆塗りに関する知識や、製作の過程・ツールのレビュー、プラモデルのレビューなどを発信しています。

臭いの少ないツールで製作しているので、配慮が必要な環境で製作している方の参考になれば幸いです。

ユネプラをフォローする
完成品
ユネプラをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました