筆塗り下地塗装 HG 1/144 ガンダムAN-01 トリスタン

HG 1/144 ガンダムAN-01 トリスタン過程
ユネプラ
ユネプラ

筆を使い、下地塗装を行います。

「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」に登場するトリスタンのプラモデル。

HG 1/144 ガンダムAN-01 トリスタン

ターナー色彩株式会社U-35 ACRYLICSシリーズに含まれる「ジェッソ」を使い、下地塗装を行います。

この記事がオススメな方
  • 使用した道具を知りたい方
  • ジェッソとは何か知りたい方

下地塗装

絵具・塗料の食いつきを良くするために下地塗装を行います。
必須な工程ではありませんが、以下の場合は「やっておいた方が無難」です。

  • 絵具・塗料の食いつきを高めたい場合
  • 加工などでついた傷の確認を行いたい場合
  • 成型色を隠蔽いんぺいしたい場合

下地塗装に使用した道具

  • ジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ブラックジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • U-35 ACRYLICS各色
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆6号

下地材はターナー色彩株式会社U-35 ACRYLICSシリーズに含まれるジェッソを使用。
2種類を混ぜ合わせて、グレーに調整したジェッソを基本とします。

その後、U-35 ACRYLICS各色を混ぜて「ゴールの色よりやや暗め」の色を製作。
重厚感を出しつつ、工程の短縮を狙います。

塗装に使用した筆は株式会社ぺんてる「ナイロン毛」の筆。
「ぺんてる ネオセーブル 平筆6号」を主に使用します。

ジェッソとは

主に美術方面で使われる下地材。
絵具の食いつきを高める目的で使います。

語れるほど詳しくはございませんが……
ターナー色彩株式会社「U-35 ACRYLICS」シリーズジェッソ水溶性。
乾燥前は水に溶ける性質を持ちます。

粗さは約500~1000ほどの粗さ。
サラサラとした上品な、画用紙のような質感を感じます。

臭いは少なく、梅雨時の換気が難しいときでも使いやすいのが嬉しいところ。

乾燥後に落としたい、掃除をしたい場合は「キッチン用のマジックリン」で落とせます。
性質は「アルカリ性」のマジックリンですね。
さらに手で触れる程度のお湯で洗うと落ちやすいです。

あまり熱いお湯で洗うと火傷の危険。
そしてプラスチックが溶ける可能性があるので、お気を付けください。

まとめ

「HG 1/144 ガンダムAN-01 トリスタン」の下地塗装が終わりました。
どうなることやらと思いつつ進めていましたが、ここまでくると一安心。
引き続き、塗装を行っていきましょう。

ユネプラ
ユネプラ

筆塗り下地塗装 HG 1/144 ガンダムAN-01 トリスタン、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました