[完成]SDガンダムEXスタンダード 013 シナンジュ

機動戦士ガンダムUC
ユネプラ
ユネプラ

SDガンダムEXスタンダード 013 シナンジュの製作も色塗りを終えていよいよ最終回!
スミ入れ、トップコートを行い完成させます!

ターナー色彩株式会社が開発、販売を手掛けている『U-35』シリーズを使い筆塗りによる全塗装が終わり。
『これでいいんじゃないか』というささやきが聞こえてきますが、あと一歩。
スミ入れを行い、ディティールの引き締めを。
そして仕上げのトップコートを『グロスバーニッシュ』にて行い、ツヤ有り仕上げへ!

いざいざ参ります。

↓関連記事はこちらから↓

工程

  1. 『U-35』のアクリル絵具でスミ入れ
  2. グロスバーニッシュによるトップコート
  3. 撮影会

まずはスミ入れを行い、埋もれたディティールの強調を行い立体感の引き締めを行います。
絵具は『ターナー U-35 アクリリックス 20ml 24色セット』に含まれている色を水で薄めて使用。

続いて最後の工程であるトップコート。
『U-35』シリーズの『グロス バーニッシュ』を塗装し、光沢のある仕上がりを目指します。

乾燥後に組み立てを終えたら……

ついに完成!撮影会へと参ります。

『U-35』のアクリル絵具でスミ入れ

スミ入れに使用した絵具はこちら。

ターナー色彩株式会社が開発、販売を手掛けている『U-35』シリーズを引き続き使用。
絵具は『ターナー U-35 アクリリックス 20ml 24色セット』に含まれている色である……

  • RAW UMBER
  • JET BLACK
  • TITANIUM WHITE

上記の3色を使用して暗めで濁りのある色に混色。
ウォッシングとも言える手法ですが……

スミ入れ後。

薄めに水で希釈した塗料を平筆でざっくりと全体に塗装。
その後、水で湿らせたメラミンスポンジでこすり落とします。
凹みになっているところにはメラミンスポンジが当たらないので、そこに塗料が残り『スミ入れ』となる寸法。

下地に『グロスバーニッシュ』……ツヤのある下地を選択したことで塗料が染み込むことは起こらず。
塗料の残し具合がコントロールしやすく、サクサク進んだのは嬉しいところ。

グロスバーニッシュによるトップコート

グロス バーニッシュ

同じく『U-35』シリーズの表面の保護用である、『グロス バーニッシュ』を使用。
つや消しの質感が得られる『マット バーニッシュ』もあり、表現したい質感によって使い分けが可能。

筆塗りの全塗装のときにも使用していますが、さらなるツヤを目指してレッツゴー。
いつもは『つや消し』を選択していますが……
『つや有り』で仕上げた経験はナッシング。

もっともらしい理由をつけるならば、SDガンダムEXスタンダード 013 シナンジュは曲面が多い機体。
平面の機体よりも、仕上がりが楽しくなるのでは。

と、期待感。

エアブラシでの使い方(自己責任でお願いします)

グロス バーニッシュ〈使い方〉より

※下記の方法はメーカー推奨の使用法ではありません。自己責任でお願いいたします。

〈使い方〉の項目を見る限り……
そのまま、または約20%ので薄めて使用します。

と、書いてある通りで薄めることが可能。
私の使用しているエアブラシでは、そのままでは塗装する事はできません。
20%の範囲内かは微妙なところではありますが、少量の水を足して粘度を調整。
無事にエアブラシによる塗装が可能となりました。

コツは一度に厚塗りをせず、少しずつ少しずつ塗膜を重ねる事。
部位ごとに分解を行っているのであれば、順番を決めて一周、二周と塗装を行うと待ち時間を少なめに進めることが可能。

使用した道具の掃除方法(自己責任でお願いします)

グロス バーニッシュ〈特長〉より

※下記の方法はメーカー推奨の使用法ではありません。自己責任でお願いいたします。

〈特長〉の項目を見る限り……
乾燥後の塗膜はアンモニア水などのアルカリ溶液で除去できます。

と、記入があるのでアルカリ性である『マジックリン』を用いて掃除。
クリアなので見た目的にわかりにくいものの……
その後もエアブラシは使えているので掃除は大丈夫でしょう。きっと。

『U-35』シリーズのアクリル絵具とグロス バーニッシュの使用感

臭いが少ないことが、非常にうれしいところ

メーカーサイトに書かれている通りの使用感であり、使いやすいアクリル絵具です。
と、書くだけでは芸がないですが……
そう感じるのがホントのところ。

私が特にありがたく感じるのは……
特長のひとつとして書かれている『圧倒的なにおいの少なさ』
塗るターゲットが違うものの……
プラモデル用のアクリル塗料よりも臭いが少なく感じます。

アクリルガッシュを思いつきで使い、『U-35』にたどり着きましたが……
買ってみて、使ってみてよかった。

塗装の時の臭いに苦手感がある方に、試していただきたい絵具ですなぁ。

撮影会

前面。エンブレムとか……イイ……いいぞ……!

試行錯誤もありつつもSDガンダムEXスタンダード 013 シナンジュ。
ついに完成です。

背面。つやつやぁ

仕上げには『グロスバーニッシュ』使用。
組み上げたときはもう、なんともいえない達成感を感じたもの。

技術的な課題であったり、未熟なところはあるものの……
ただただ楽しかった。

うっとり

可動域の関係上ポージングの幅は少ないですが……いいぞ……!

ターナー色彩株式会社『U-35』を使用して、初めて完成したガンプラ。
実験的な要素も大きかったですが、完成にたどり着けてホッと一息。

まとめ

かぁっこいい!

以上で『SDガンダムEXスタンダード 013 シナンジュ』完成といたします!
シナンジュはもう、やり切った。
そう思えるのでここまでといたしますが、技術的、そして工程の課題が見えてきた今日このごろ。

これからもトライ&エラーを繰り返して製作を進め……
わかったことをシェアしていきたいところ。

ユネプラ
ユネプラ

[完成]SDガンダムEXスタンダート 013 シナンジュ、はここまで!
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

『ホビーサーチ』の購入ページはこちらから

↓HG版はこちら↓

『ホビーサーチ』の購入ページはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました