PR

【日記】2024年2月12日 HG ギルボウの下地塗装 | HG Gilbow base coating

日記
ユネプラ
ユネプラ

HG ギルボウの下地塗装が終わりました!

シンデュアリティのプラモデル「HG ギルボウ」の下地塗装が終わりました。この記事では、

  • 使った下地材
  • どのように使ったか

などなど振り返っていきましょう(‘ω’)ノ

スポンサーリンク

HG ギルボウの下地塗装 | HG Gilbow base coating

ゲート処理のついでにヤスリ掛けを行った部分もありますが、基本は成型したそのままのプラスチック面な「HG ギルボウ」

  • 絵の具の食いつきを高めるため
  • 光の透過を防ぐため

以上の目的のため、下地塗装を行いました。

ターナー色彩のU-35 ACRYLICSのジェッソ | Turner color U-35 ACRYLICS gesso

1度目

使った下地材はターナー色彩株式会社のアクリル絵の具のブランド「U-35 ACRYLICS」に含まれる「ジェッソ」「U-35 ACRYLICS」のジェッソには2種類あり、

  • ジェッソ(白)
  • ブラックジェッソ(黒)

以上のバリエーションがあります。

2度目

特徴としては、

  • 水で希釈が可能
  • 乾燥後は耐水性
  • 乾燥後の質感はサラサラ(画用紙のような感じ)
  • 臭いは少ない

以上の特徴があります。

どのように使ったか・塗ったか | How did you use/apply it?

3度目

ジェッソ(白)とブラックジェッソ(黒)を混ぜてダークグレーに調整。さらに若干の水で薄めて使いました。水で薄める事のメリットとしては、

  • 平らになりやすい
  • 薄く仕上げやすい

一方デメリットとしては、

  • 弾かれやすい(表面処理をしていない面だと弾かれやすい)
  • 乾燥までの過程で分離し、マーブルになることがある

などがあります。水で薄めることで粘度が落ち、弾かれやすくなりますが、2度3度塗り重ねることでカバーは可能。

ひたすらペタペタと下地塗装を進めました。

終わり | end

ヨッシャ

これにて「HG ギルボウ」の下地塗装が終わりました。この先は塗装であり、楽しい時間。いろいろな手法を試しつつ、楽しんでいきましょう(‘ω’)ノ


YouTubeには作業動画をアップいたしました。

ユネプラ
ユネプラ

【日記】2024年2月12日 HG ギルボウの下地塗装 | HG Gilbow base coatingは、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク
ユネプラ

ご訪問ありがとうございます。
プラモデル製作が趣味なユネプラです。

寝室と作業部屋が同じである。
そしてシンナー臭が苦手なことから、臭いの少ない道具を使って製作しています。

・他人がいる環境で製作する方
・シンナー臭が苦手な方

…などのお悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

何事もなければ17時に更新しているので、立ち寄っていただければ幸いです。

ユネプラをフォローする
日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ユネプラをフォローする
ユネプラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました