筆で下地塗装 HG 1/72 メイレスケンブ

過程
ユネプラ
ユネプラ

筆を使って下地塗装を行います。

境界戦機のプラモデル、「HG 1/72 メイレスケンブ」
水溶性の下地材「ジェッソ」を使用して、下地塗装を行います。

この記事がオススメな方
  • 使用した道具を知りたい
  • ジェッソとは何か知りたい

下地塗装

塗装の準備として行う下地塗装。
やらなくても塗装は可能ではございますが、以下の場合はオススメな工程です。

  • 成型色を隠蔽いんぺいしたい場合
  • 絵具・塗料の定着を高めたい場合

下地塗装に使用した道具

  • ジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ブラックジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • U-35 ACRYLICS 各色
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆6号
  • ごく少量の水

ターナー色彩株式会社アクリル絵具のシリーズ、「U-35 ACRYLICS」に含まれる下地材2種を使用します。
「HG 1/72 メイレスケンブ」の色は大きく分けて4つ。

  • ホワイト(ブルー寄り)
  • レッド
  • イエロー
  • ダークグレー

ホワイト、レッド、イエローはジェッソを基本としつつ、少量のブラックジェッソを加えます。
そこにアクリル絵具を少量加えて、色味をつける。
そのままだとやや「ポテっと」した厚みが出る下地材になるので、ごく少量の水を加えます。
よ~く混ぜたらゴールの色よりもやや暗い下地材の完成。
筆にて塗り進めます。

ダークグレーブラックジェッソを基本としつつ、少量のジェッソを加えます。
そこにアクリル絵具「イリデッセントシルバー」を加えて、重厚感のあるメタリックカラーへ。
ごく少量の水を加えて、よく混ぜたら完成です。

ダークグレーは、この色を基本としつつ塗り分けを進めるプラン。
下地材ベースではございますが、塗装まで含めることで、時間の短縮を計ります。

筆はぺんてる株式会社のナイロン毛の筆を使用。
HGのガンプラなどにちょうどいいサイズの「平筆6号サイズ」を使います。

まとめ

これにて境界戦機のプラモデル、「HG 1/72 メイレスケンブ」の下地塗装が終わりました。
ホワイトがゴールの下地色がチョイと濃すぎるかな?
ブルーが強すぎるかな?
と、思いますがあとには引けない。
や、引けますがこのまま押しとおりましょう。
なんとかなると信じて塗装へGO。

ユネプラ
ユネプラ

筆で下地塗装 HG 1/72 メイレスケンブ、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました