合わせ目消し HG 1/72 メイレスケンブ

各工程
ユネプラ
ユネプラ

合わせ目消しを行います!

境界戦機のプラモデル、「HG 1/72 メイレスケンブ」
ライフルの合わせ目消しと、肩のスジボリ追加。
以上の工程で使用した道具をお伝えいたします!

この記事がオススメな方
  • 短時間で終わる合わせ目消しで使用した道具を知りたい方
  • スジボリで使用した道具を知りたい方

合わせ目消し

プラモデルは複数のパーツを組み合わせてつくるもの。
という特性上、デザインにはない合わせ目がうまれる場合があります。
それを消し、目立たなくすることを「合わせ目消し」と呼びます。

合わせ目消しで使用した道具

  • タミヤ瞬間接着剤(イージーサンディング)
  • 紙ヤスリ(240番くらい)

合わせ目の埋め立て、接着には瞬間接着剤を使用。
ミニ四駆でおなじみのタミヤ株式会社「イージーサンディング」を使用します。
硬化後に削ることを想定して開発がされた瞬間接着剤であり、微調整が行いやすい。
難点としては透明であることから目視での確認が難しい。
などが挙げられますが、総じて使いやすい瞬間接着剤です。

盛り付け後の削り込みには紙ヤスリを使用。
粗目の番手である240番くらいを使用し、ゴリゴリと削り、整えます。

スジボリ

ここでは新規に凹みモールドを製作し、それをスジボリと呼びます。
デザインナイフやタガネ、チゼルなどを使用してラインの製作。
最初からある既存モールドとは別に、さらに新規モールドを製作します。

スジボリで使用した道具

  • デザインナイフ
  • マイクロチゼル(0.2mmを使用)
  • ビニールテープ
手順としては
  1. ビニールテープでガイドをつくる
  2. デザインナイフで切り込みを入れる
  3. マイクロチゼルで幅のある凹みモールドにする

2番の「デザインナイフで切り込みを入れる」で止めてもラインは引けますが、よりシッカリとしたラインを引きたい場合はマイクロチゼルなどの工具がオススメです。

「HG 1/72 メイレスケンブ」肩の2箇所×2パーツに新規モールドを追加。
ラインを追加してシンメトリーにした方が良い。
と、感じたので対象となる場所に切り込みを入れました。

カッコイイデザインをズバズバと入れたいところですが、まだまだハードルは高く。
こういうチョットしたところから始めようと思うところです。

まとめ

境界戦機のプラモデル「HG 1/72 メイレスケンブ」の合わせ目消し。
そしてスジボリの追加が終わりました。
このあとは一旦分解を行い、塗装棒につけて……
下地塗装へと移ります!

ユネプラ
ユネプラ

合わせ目消し HG 1/72 メイレスケンブ、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました