PR

いろいろ混ぜて成型色に近いスキンカラーをつくったよ | 日記 2023年7月27日

ツール
ユネプラ
ユネプラ

ふふふふふ……

フレームアームズ・ガール 金剛肌(スキン)パーツの塗装へ。合わせ目消しを行ったことで物理的な合わせ目(線)はありませんが、見た目には薄っすらと線があります。写真ではあまり分からないレベルではありますが、消せるなら消したい。なんなら成型色と似た色で、塗装したかしないかにかかわらずに違和感が無い色を作りたい……!

というわけでつくりました

ふふふふふ……

使った絵の具・メディウムはターナー色彩株式会社のU-35 ACRYLICS。

絵の具・メディウム名比率(おおまか)
ジェッソ(下地材)20%
ライトオレンジ(絵の具)50%
チタニウムホワイト(絵の具)30%
ライトマゼンタ(絵の具)ごく少量
リターダー(乾燥を遅らせるため)出来上がりに対して20%程

ライトオレンジが成型色の肌色に近いので、これをベースにします。そのままだとオレンジが強いので、チタニウムホワイトを足して、次いでジェッソも足します。

プラスチックに直に塗り、下地としての性能も持たせたかったのでジェッソを添加しています

色はホワイト。水溶性で臭いが少ない下地材です。
¥1,387 (2022/06/08 23:13時点 | Amazon調べ)

それだけだと赤みが足りなかったのでごく少量のライトマゼンタを添加。フレームアームズ・ガール 金剛の成型色のスキンカラーに限りなく近い色が出来上がりました。

最後にリターダーを添加していますが、これはお好みで。乾燥を遅延させる効果があるので、保存が効くようになるのと、伸ばしやすくなります。さらに平滑な塗膜に仕上がりやすくなることもグッドポイント。

デメリットとしては乾燥が遅くなるので、添加のし過ぎにはご用心。まぁそんなこんなで出来上がったスキンカラー。作りすぎではありますが、今後の美プラの製作にも流用できそうで、良いですネ(‘ω’)ノ


YouTubeチャンネルはこちら

ユネプラ
ユネプラ

いろいろ混ぜて成型色に近いスキンカラーをつくったよ | 日記 2023年7月27日は、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク
ユネプラ

ご訪問ありがとうございます。
プラモデル製作が趣味なユネプラです。

寝室と作業部屋が同じである。
そしてシンナー臭が苦手なことから、臭いの少ない道具を使って製作しています。

・他人がいる環境で製作する方
・シンナー臭が苦手な方

…などのお悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

何事もなければ17時に更新しているので、立ち寄っていただければ幸いです。

ユネプラをフォローする
ツール
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ユネプラをフォローする
ユネプラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました