スミイレと仕上げ Figure-rise Standard レーナ

過程
ユネプラ
ユネプラ

Figure-rise Standard レーナの仕上げを行います!

いよいよ塗装を終えたFigure-rise Standard レーナ(第2クール風)
スミイレと仕上げを行い、あとは組み立てるだけの状態へ進みます!

スミイレ

シャツのラインなどを強調。

凹みモールドなどの影となる場所に暗い色などを流し込むことにより、ディティールの強調を行うスミイレ。
ロボット系ではウォッシングを兼ねながらのスミイレですが、Figure-rise Standard レーナではスミイレのみに留めます。

スミイレに使用したモノ

  • ホルベイン 透明水彩 セピア

水彩絵具のひとつである透明水彩から、セピアをスミ入れに使用。
乾燥前も乾燥後も水に溶ける性質を持ち、透明性があることから下地を隠しすぎずにスミイレ、またはウォッシングが可能です。
色はセピアを選択。
色気のない言い方をすると暗い茶色であり、黒よりは温かみがありつつも、メリハリのあるスミイレが可能です。

仕上げ

バーニッシュ
マットバーニッシュ、グロスバーニッシュの外観

塗膜の保護、そして最終的な質感の付与を目的とした仕上げ塗装。
仕上げを終えると「やり切った感」を感じることもでき、作品に手を加える最後の工程。
いざいざ仕上げをいたしましょう。

仕上げに使用したモノ

  • マットバーニッシュ 90%
  • グロスバーニッシュ 10%

ターナー色彩株式会社U-35 ACRYLICSシリーズに含まれる仕上げ材ことバーニッシュ2種を使用。
若干のツヤ感を欲しく感じ、グロスバーニッシュを追加。
完全なマットではなく、若干しっとりと色気を感じる質感へと仕上がりました。

また、湿度が高いとマットバーニッシュに限らず「つや消し」のモノは大気中の水分と反応して白く濁る「白化現象」が起こることも。
それの防止、回避のためにも「グロス」を加えたという裏事情もあったりなかったり。

仕上げを終えて

仕上げが終わりました!

いよいよ仕上げを終えました!
気になるところなどもありますが、ここまで来ると完成間近となりハイテンション。
目と腕章はシール。あとは塗装にて色分けを行いました。
さっそく組み立てたいところでございますが、より安全を求めて24時間置いておき……
組み立て、完成へと参りましょう。

まとめ

Figure-rise Standard レーナ(第2クール風)の完成が見えてきました!
当初の目論見から大きく後れはしましたが、完成が近づくとテンションが上がるもの。
逸る気持ちを感じますが、シッカリと乾燥させてからの……
完成品レビューへと参ります!

ユネプラ
ユネプラ

スミイレと仕上げ Figure-rise Standard レーナ、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました