HG 1/72 メイレスケンブ 斬 デカールとウェザリングとトップコート

過程
ユネプラ
ユネプラ

塗装が終わり、仕上げの段階へ。
使用した道具などをまとめて紹介いたします。

塗装が終わり、完成が見えてきた「HG 1/72 メイレスケンブ斬」

  1. デカールの貼り付け
  2. トップコート
  3. ウォッシング
  4. ドライブラシ
  5. トップコート

以上の5ステップ。
5つの工程。
進めて行きましょう。

デカールの貼り付け

極薄のデカールを貼り付けることによるディテールアップを行います。

デカールの貼り付けで使用した道具

ハイキューパーツ 1/144 グレー&オレンジ RB02コーションデカール 1枚入
  • ハイキューパーツ 1/144 グレー&オレンジ RB02コーションデカール 1枚入

株式会社ハイキューパーツの水転写式デカールを選択。
色はグレー&オレンジ。

なぜオレンジなのか?

好みだからです。

トップコート(デカール保護のために)

つや消しの仕上げ材。エアブラシによりますが、水で薄めることでエアブラシ塗装も可能です。

デカールを貼り付けた部分は段差があり、そのままウォッシングを行うと境目がわかりやすく。

あ……ここがデカールの境目か……

見せたくない部分が強調されてしまいます。
デカールを貼り付けた面にマットバーニッシュなどの仕上げ材を塗り、保護しましょう。

ウォッシング

“汚し”後。このあと洗い落とし、調整します。

ウェザリングのひとつ「ウォッシング」

  • 汚して
  • 洗い落とす

以上の工程を行うことで、使用感・新品ではない雰囲気などの演出……
そして凹みモールドに影色を入れる「スミイレ」とも兼用が可能な技法です。

ウォッシングで使用した道具

  • ホルベイン 透明水彩 セピア

ホルベイン画材株式会社の透明水彩から「セピア」を選択。
水彩絵具に分類される絵具です。
乾燥後も水に溶けるのが難点ですが、時間が経っても調整がかのうなのはメリット。
臭いも少ないことから愛用しています。

仕上げの時は”乾燥するまで二度塗り”は厳禁です。
乾燥してから、2層目を塗りましょう。

ドライブラシ

  1. 塗料・絵具を筆につけて
  2. カッスカスになるまで落とし、調整する
  3. パーツの角、エッジなどにはたくように擦りつける

上記の工程で行うウェザリングをドライブラシと呼びます。
引っ掛かりのある部分、角やエッジなどに塗料が乗ることで「線の強調」が可能な技法です。

ドライブラシで使用した道具

ターナー色彩株式会社 アクリルガッシュ シルバー
  • ターナー アクリルガッシュ シルバー

ターナー色彩株式会社のアクリルガッシュから「シルバー」を選択。
金属感があるメタリックの絵具であり、「塗装が剥がれて中の金属面が見える感じ」……などの表現が可能です。

トップコート(仕上げ)

ここを越えたら……待ちましょう

最後の工程です。
厳密には組み立てなどがありますが、仕上げが終わるとホッとしますネ……

塗膜・作品の保護。そして質感の方向性を決める工程です。

トップコート(仕上げ)で使用した道具

つや消しの仕上げ材。エアブラシによりますが、水で薄めることでエアブラシ塗装も可能です。
  • マットバーニッシュ(U-35 ACRYLICS)
  • グロスバーニッシュ(U-35 ACRYLICS)

ターナー色彩株式会社の仕上げ材2種類を選択。
アクリル絵具のシリーズ「U-35 ACRYLICS」に含まれる仕上げ材です。

マットバーニッシュをメインに使い、少量だけグロスバーニッシュを追加。
湿度が高いと白く濁る「白化現象」が困りもの。
グロスバーニッシュを少量加えることで、「白化現象」を回避します。

グロスバーニッシュの比率があがるほど、白化現象は起こりにくくなりますが……
光沢に近づくので量の見極めが重要です。

まとめ

境界戦機のプラモデル「HG 1/72 メイレスケンブ斬」の全工程が終わりました。
このあとは24時間ほど乾燥させてからの……
組み立てへと参りましょう!

ユネプラ
ユネプラ

HG 1/72 メイレスケンブ 斬 デカールとウェザリングとトップコートは、ここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました