完成 EG RX-78-2 ガンダム (ライトパッケージVer.)

完成作品
ユネプラ
ユネプラ

EGガンダムの仕上げを行い、完成へ!

ENTRY GRADE 1/144 RX-78-2 ガンダム (ライトパッケージVer.)も当記事で完成!

※正式名称だと長いので、ここからは「EGガンダム」に統一します。

フォローさせていただいている「ラクス子@絵理ぴょん」さんの企画。
RX78-2とつくキットを製作して投稿しよう!
特に順位付けなどはなく、ワイワイ楽しもう!
という企画に乗っかり、EGガンダムの製作スタート。

詳しい概要、ルールなどは「ラクス子@絵理ぴょん」さんのブログをご確認ください(丸投げ)

『みんなで「RX-78」を作ろう 〜レギュレーション〜』
みんなで「RX-78」を作ろう‼️始動しますTwitterのフォロワー1500人達成記念として、Twitter上の企画を初めて実施します不手際等ありましたらご…

製作してきたEGガンダムもいよいよ終局!
デデンと参りましょう!

関連記事はこちらから

スポンサーリンク

マットバーニッシュ(U-35)とは

ここではターナー色彩株式会社のU-35シリーズのマットバーニッシュを解説いたします。

主な用途は塗膜の保護、質感の統一に用いる仕上げ材。
質感はつや消し。
乾燥前は水に溶ける水溶性であり、乾燥後は耐水性へと変化する。
臭いは少なく、あまり気を遣わずに製作に打ち込めるところが嬉しいところ。

塗り方

筆、もしくはハケでの塗装。

例外にはなるが、約20%までの水で薄めてエアブラシなどでの塗装も可能。
約20%以上に薄めることも可能だが、薄めるほどに粘度、定着力が弱まる。

薄めての使用時は、テストを行ってからの本番をオススメいたします。

掃除方法

乾燥前ならば水での掃除が可能。
乾燥した場合は、キッチン用のマジックリンでの掃除が可能。

エアブラシの場合はカップにそのままワンプッシュ。
スポイトなどで水を追加して、うがい。
吹き付けてカップが空になったら水を追加してうがい。

泡が発生しなくなったら、掃除は終わりです。

撮影会

オレンジだー!

マットバーニッシュを塗装し塗膜の保護、質感の統一を行い……
装いも新たにEGガンダムの完成デス!

オレンジ好きな色であり、EGガンダムではビビッドなオレンジにしようと決め……
なかなかに手間はかかったものの、力強いオレンジの発色に成功。

お尻のバズーカのジョイントパーツ用の穴は塞ぎました。ライトパッケージには無用の長物デス!

やはり鍵となるのは下地の色。
下地が暗ければ重いオレンジに。
明るければビビッドなオレンジに。

EGガンダムのオレンジはターナー色彩株式会社のU-35シリーズを使用。

混色ジェッソ(ダークグレー)→ライト オレンジ→ピロール オレンジ

上記の順番で塗膜を重ねることで、ビビッドなオレンジへ。
ピロール オレンジは半透明ということもあり、より下地の色の影響を受けやすい。

このオレンジが目に入らぬかぁ!

にとらえれば、下地の色の違いで幅広い表現が可能

ということでもあり、ちょっとワクワクしてきた今日この頃。

ともあれ、なかなかに満足度の高い作品へと仕上がり嬉しい今日この頃。

まとめ

課題はあるものの、ひとまずの満足感。配色が何かに似てるな~と思ったらU-35カラーでしたな。

これにてEGガンダムの完成デス!
肉抜きの穴埋め、合わせ目消し、パーツの分割……
そしてビビッドなオレンジの発色。

チャレンジであったり、課題であったりを一歩。
完璧ではないものの進歩を感じる作品へ。

肉抜きの穴埋めはやったものの、見えない場所もチラホラと。
ちょっとモヤモヤするものの、やってよかったのでしょう。

きっと

ユネプラ
ユネプラ

完成 EG RX-78-2 ガンダム (ライトパッケージVer.)、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

一つ前の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました