筆で塗る EG RX-78-2 ガンダム (ライトパッケージVer.)

過程
ユネプラ
ユネプラ

EGガンダムの筆による塗装を行います!

  1. 塗装棒につける
  2. ジェッソによる下地塗装
  3. アクリル絵具(U-35)を用いた塗装
  4. グロスメディウムで整面、塗膜の保護

上記の4つに分類される工程を行います!

塗装棒につける

EGといえど、なかなかの量

まずは塗装を行いやすいように分解
そして塗装棒につけて準備を行います。

やってもやらなくても良い工程ではありますが、塗装をスムーズに。
ミスを減らしてスムーズに塗装を終えるためには必要な工程。

好みの出るところではありますが、分解はブロック単位で。
スナップフィットで接続している部分は外さずに、肩・腕・手。
それくらいの単位で分解を行います。

とはいえ例外は発生するモノ。
自分のやりやすい単位で分解を行い、塗装をやりやすくするのがヨシ。

そして大体のパーツはつまむタイプの、クリップ型のモノで保持することが可能。
ではありますが、例外もあり……
逆作用ぎゃくさようと呼ばれるクリップが必要なモノもあります。
思い返してみれば、HG以上のスケールでは数本使うのがデフォルト。
SDは使わない場合もありますが……
持っておくと安心な逆作用ぎゃくさようクリップですな。

ジェッソによる下地塗装

塗装棒に接続が終わり、塗装の準備が終わりました。
まずは下地であるジェッソを塗装し、色の統一。
そして絵具の食いつきを良くします。

ジェッソ(U-35)とは

使用するジェッソはターナー色彩株式会社U-35シリーズのモノ。
乾燥前は水に溶け、乾燥後は水に溶けない耐水性へと変化する。
臭いは少なく、リビングや寝室での使用など気を遣う空間でも使いやすい。

使い方

基本は筆などによる塗装がメイン。
ではありますが、水で薄めてエアブラシでの塗装も可能。
0.3mm口径のハンドピースでも吹くことは可能なものの、長時間の使用はオススメしません。
あまり長い時間使用すると、ハンドピースに詰まりが発生するので様子を見つつの使用をオススメ。

乾燥後の掃除方法

  • 塗装に失敗した
  • ハンドピースが詰まった
  • 乾燥してしまった

などの場合の掃除方法にはキッチン用のマジックリンが使えます。
性質は「アルカリ性」のマジックリン。
掃除に、もしくは何らかのトラブルの時のためにも……
持っておくと安心です。

筆による下地塗装

ジェッソドレッシング
よく使うモノは作り置き

ジェッソ(白)とブラックジェッソ(黒)を混色したジェッソを使用。
よく使うモノなので、100均のドレッシングボトルに作り置き。
すぐ使えるようにしています。

2~3回ほど塗り、下地塗装の終わり。

一回目ではところどころムラになり、不安になるがそのままGO。

1回目はどうしてもムラが大きくなり、ちゃんと塗れているのか。
不安になりますが、くまなく筆を走らせることを意識。
何かしら乗っていれば、2回目でイイ感じへ。
3回目では発色が薄い場所への塗装。

と言う感じで下地塗装の終わり。

アクリル絵具(U-35)を用いた塗装

各色2~3回塗装。

ターナー色彩株式会社アクリル絵具であるU-35を使用。
発色、絵具の伸びが良いほか、臭いも非常に少なく塗装が行いやすいアクリル絵具。
筆によって塗装を進めます。

  • オレンジ=ライト オレンジ→ピロール オレンジ
  • ブラック=ジェット ブラック
  • グレー=ニュートラル グレー 5
  • ゴールド=イリデッセント ゴールド
  • シルバー=イリデッセント シルバー

ジブン史上最高のオレンジを出すことが出来たのが嬉しいところ。
当たり前かもしれませんが、下地としてライト オレンジを塗装してからのピロールオレンジ。
非常にビビッドで力強い発色となり、気分はオレンジ。

オレンジによるオレンジのためのオレンジな世界の始まりだ!

オレンジィ!

何を言っているのでしょうか。
ぼかぁ分からないよ。

グロスメディウムで整面、塗膜の保護

グロスメディウムを塗装後、大まかに組み立てた状態。

塗装が終わり、塗膜の保護。
ちょっとした安心も手に入れるためにもグロスメディウム。

ターナー色彩株式会社U-35シリーズに含まれる添加剤。
絵具の透明度、ツヤの上昇、定着力の上昇などの効果。
そして塗膜の平滑化の効果もアリ。

イッケメーン

こちらも筆にて1回だけ塗装を行い、塗膜の保護。

これにて塗装が終わり、ビビッドなオレンジに満足感を感じつつ一区切り。

まとめ

オレンジでオレンジがオレンジだった(謎)

EGガンダムの塗装が終わりました!
当たり前と感じつつも省略してた工程はやっぱり当たり前に必要だった。
と、気づいた今日この頃。

ともあれ、オレンジがオレンジに決まりヒャッハー

終わっていないけれども、テンション高めなオレンジですな。

ユネプラ
ユネプラ

筆で塗る EG RX-78-2 ガンダム (ライトパッケージVer.)、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました