PR

【部分塗装】HG ガンダム 東京2020 パラリンピックエンブレム ガンプラ

日記
ユネプラ
ユネプラ

どうもこんばんは。
ユネプラへようこそ。

↓前回の記事はこちらから↓

【プチ加工】HG ガンダム 東京2020 パラリンピックエンブレム ガンプラ
ガンプラをワンランクアップさせたい…じゃあどこを加工すれば良いか?プチ加工で大きな違いが生まれる加工ポイント。

「東京2020パラリンピック公式プログラム」はこちら

今回のテーマは…?

スポンサーリンク

部分塗装とシールでワンランクアップさせよう

『HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM(TOKYO 2020 Paralympic Emblem) 』の部分塗装とシール貼りを行います。
今作っているガンダムは限定色。
せっかくの限定色なので成形色を活かした仕上がりを目指したい…
と、いうことで『あまり手をかけずにいい感じに仕上げる』という矛盾だらけのテーマではございますが、
ボチボチ着地点を探しつつ進めます。

限定仕様のシールの貼り付け

限定仕様のシールの貼り付け

方針は定まったのでドンドン行きましょう。
まずは限定仕様のシールの貼り付け。
限定仕様のシールは印刷されていない部分は透明になっています。
肩のシールは長方形などで、平行に貼るのは難しそうだなあと思っていましたが心配無用。
肩の形にシールが切り取られている状態だったので、そのままペタリ。

ミスもありましたが、貼り直したくてもできません。
はがせばもっとひどくなる。
具体的にはシワがつきます…!

現実世界に『Ctrl+Z』はないので、あきらめつつ進みましょう。

本体部分のシール貼り&部分塗装

頭部のシール貼り&部分塗装

本体に入りまずは頭部から。
トサカのセンサー部分はシールを使用しました。
目のパーツはクリアパーツになっているので、ふちどりをブラックで塗装し、目の部分はそのままに。
バルカン部分は影となる場所はブラックを塗装。
銃口部分にシルバーを塗装しました。
キラッと輝き良いですねぇ!

腰アーマーのVマーク

ここはそのままシールをペタリ。

足の部分塗装

足の部分塗装。
足首のケーブル部分はレッドで塗装。
くるぶしの丸いパーツの影をブラックで塗装。

バックパックのバーニアの部分塗装

バーニアはまず内部をレッドで塗装。
乾燥後、外部をシルバーで塗装。
キラッと輝き良いですねぇ!(デジャヴ)

武装の色分け

バズーカのロケットランチャーのバーニア部分

続いて武装の色分けに入り、まずはバズーカから。
バズーカの弾のディティールがあるので、そこのバーニア部分の内部にレッドを塗装。
その後…

HG 1/144 ガンダム パラリンピック仕様
バズーカのロケットランチャーのバーニア部分、塗装完了

キラッと輝き良いですねぇ!()
いやぁ、たまらんです。

シールドの部分塗装

シールドの丸モールドにもブラックを塗装。

その後、塗膜を保護するためにトップコート(光沢)を塗装し…。

色分け完了

前面

色分けが終わりました!
情報量が高まりだんだんとイケメンさんに。
マーカーでの塗装と、細かいところは筆での塗装。
まだ慣れないですが楽しいですね。

背面

麗しのバーニアの輝き。
このツヤ感…消さないようにしよう…!

最後に

バズーカを装備

バズーカを持たせてアップ。
良い…良いですね…!
背面が一番のお気に入りですね…!

部分塗装が終わり、ひとまず一息。
完成がだんだんと見えてきましたねぇ。

いよいよウォッシングなどに入ります。
それではまた次回。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

スポンサーリンク
ユネプラ

ご訪問ありがとうございます。
プラモデル製作が趣味なユネプラです。

寝室と作業部屋が同じである。
そしてシンナー臭が苦手なことから、臭いの少ない道具を使って製作しています。

・他人がいる環境で製作する方
・シンナー臭が苦手な方

…などのお悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

何事もなければ17時に更新しているので、立ち寄っていただければ幸いです。

ユネプラをフォローする
日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ユネプラをフォローする
ユネプラ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました