【部分塗装】HG ガンダム 東京2020 パラリンピックエンブレム

ガンプラ(宇宙世紀)

どうもこんばんは。
ユネプラへようこそ。

↓前回の記事はこちらから↓

【プチ加工】HG ガンダム 東京2020 パラリンピックエンブレム
ガンプラをワンランクアップさせたい…じゃあどこを加工すれば良いか?プチ加工で大きな違いが生まれる加工ポイント。

今回のテーマは…?

部分塗装とシールでワンランクアップさせよう

『HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM(TOKYO 2020 Paralympic Emblem) 』の部分塗装とシール貼りを行います。
今作っているガンダムは限定色。
せっかくの限定色なので成形色を活かした仕上がりを目指したい…
と、いうことで『あまり手をかけずにいい感じに仕上げる』という矛盾だらけのテーマではございますが、
ボチボチ着地点を探しつつ進めます。

限定仕様のシールの貼り付け

限定仕様のシールの貼り付け

方針は定まったのでドンドン行きましょう。
まずは限定仕様のシールの貼り付け。
限定仕様のシールは印刷されていない部分は透明になっています。
肩のシールは長方形などで、平行に貼るのは難しそうだなあと思っていましたが心配無用。
肩の形にシールが切り取られている状態だったので、そのままペタリ。

ミスもありましたが、貼り直したくてもできません。
はがせばもっとひどくなる。
具体的にはシワがつきます…!

現実世界に『Ctrl+Z』はないので、あきらめつつ進みましょう。

本体部分のシール貼り&部分塗装

頭部のシール貼り&部分塗装

本体に入りまずは頭部から。
トサカのセンサー部分はシールを使用しました。
目のパーツはクリアパーツになっているので、ふちどりをブラックで塗装し、目の部分はそのままに。
バルカン部分は影となる場所はブラックを塗装。
銃口部分にシルバーを塗装しました。
キラッと輝き良いですねぇ!

腰アーマーのVマーク

ここはそのままシールをペタリ。

足の部分塗装

足の部分塗装。
足首のケーブル部分はレッドで塗装。
くるぶしの丸いパーツの影をブラックで塗装。

バックパックのバーニアの部分塗装

バーニアはまず内部をレッドで塗装。
乾燥後、外部をシルバーで塗装。
キラッと輝き良いですねぇ!(デジャヴ)

武装の色分け

バズーカのロケットランチャーのバーニア部分

続いて武装の色分けに入り、まずはバズーカから。
バズーカの弾のディティールがあるので、そこのバーニア部分の内部にレッドを塗装。
その後…

バズーカのロケットランチャーのバーニア部分、塗装完了

キラッと輝き良いですねぇ!()
いやぁ、たまらんです。

シールドの部分塗装

シールドの丸モールドにもブラックを塗装。

その後、塗膜を保護するためにトップコート(光沢)を塗装し…。

色分け完了

前面

色分けが終わりました!
情報量が高まりだんだんとイケメンさんに。
マーカーでの塗装と、細かいところは筆での塗装。
まだ慣れないですが楽しいですね。

背面

麗しのバーニアの輝き。
このツヤ感…消さないようにしよう…!

最後に

バズーカを装備

バズーカを持たせてアップ。
良い…良いですね…!
背面が一番のお気に入りですね…!

部分塗装が終わり、ひとまず一息。
完成がだんだんと見えてきましたねぇ。

いよいよウォッシングなどに入ります。
それではまた次回。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました