QUINACRIDONE MAGENTA HGCE 232 ウィンダム

過程
ユネプラ
ユネプラ

ウィンダム(ネオ専用機カラー)の大部分を占める色。
赤紫をターナーのU-35の『QUINACRIDONE MAGENTA』を用いて塗装していきます!

大きな面積の塗装はこれにて最後。
なんやかんやでここまで到達。

いや、まだありますが。

ともあれ、HGCE 232 ウィンダムを『ネオ専用機カラー』を参考に筆塗り塗り。
ちょいちょい趣味が入っているので、そのままではありませんが。

大部分を占める赤紫。

それをターナー色彩株式会社『U-35』『QUINACRIDONE MAGENTA』で塗りましょう。

関連記事はこちらから

ネオ専用機とは

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場した仮面の男。

ネオ・ロアノーク

彼のパーソナルカラーである『赤紫』に染め上げられたウィンダムの事。

ミネルバが地球に降りた第二クールから登場。
幾度となく、主人公たちを苦しめた。

使用した色

ターナー色彩株式会社が開発を手掛けたアクリル絵具である『U-35』
その中の一色である『QUINACRIDONE MAGENTA』
カタカナ表記では『キナクリドン マゼンタ』
こちらを使います。

特性

(T)Transparent:透明

透明性は4段階に分類されている。
『QUINACRIDONE MAGENTA』は(T)Transparent:透明。
4段階中、1番透明性が高い分類。

下地が明るい色だと華やかな印象に。
下地が暗い色だと重厚感がある印象へ。

下地にメタリックを使用した場合はその質感を残しつつ色を乗せることが可能。

下地によって仕上がりが変わる、面白い絵具ですな。

付属するセット

11ml12色セット、20ml12色セット、20ml24色セット
他にも筆などが付属するバリエーションがあるが、すべてのセットに付属。

『QUINACRIDONE MAGENTA』を塗り終えて

ほとんど黒に見えるけどダークグレーなジェッソ

下地は混色ジェッソ。
ジェッソ(白)とブラックジェッソ(黒)を混色したもの。
ブラックジェッソ(黒)を多めに混色したことにより……

ダークグレージェッソ

そんな感じですな。

へへへのへ

その上にターナーU-35『QUINACRIDONE MAGENTA』
水で薄め、筆塗りにて2回塗装。
落ち着きがあり、重厚感がある色へと仕上がりましたな(自画自賛)

落ち着きのあるビューティフォーな質感

なんというかこう……

非常に好みな色に仕上がりへっへっへ

な、感じですな。

まとめ

たまらんですなぁ

HGCE 232 ウィンダムをネオ専用機カラーへ。
メインカラーである赤紫も塗り終わり。
いよいよ細かいところのみとなりました。

色分けの最後の詰め。

さあて、行こうか。慎ましくな。

ユネプラ
ユネプラ

QUINACRIDONE MAGENTA HGCE 232 ウィンダム、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

続きはこちら

バイザーをAQUA BLUEで HGCE 232 ウィンダム
ターナーのアクリル絵具である『U-35』。『AQUA BLUE』を用いてHGCE 232 ウィンダムを筆塗りするお話し。

一つ前はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました