HG 1/72 アメインゴースト ブラックジェッソで下地塗装

HG 1/72 アメインゴースト各工程
ユネプラ
ユネプラ

下地塗装を行います。

成型色も良い色ですが、より黒くしたい……
ということで下地塗装を行います。

この記事がオススメな方
  • 下地塗装で使用した道具を知りたい方

下地塗装

  • 絵具や塗料の食いつきを高めるために
  • 加工でついた傷を埋める(細かい傷なら可能)
  • 成型色を隠蔽(いんぺい)し、統一する

……などの目的で行う下地塗装。
「HG 1/72 アメインゴースト」は黒めの成型色ではございますが、もっと黒くしたい。
ということで下地塗装を行います。

下地塗装で使用した道具

  • ブラックジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号
  • 食器乾燥機(山善)

下地材として使うのはターナー色彩株式会社U-35 ACRYLICSシリーズに含まれる「ブラックジェッソ」
その名の通り黒い下地材であり、質感はつや消し。
希釈は水で可能。

個人的な感覚ですが……

臭いはありますが、シンナー系の臭いは感じません。
U-35 ACRYLICS、アクリルガッシュよりは臭いが強めです。
しかし、総合的に考えると「臭いは少なめであり、使いやすい下地材」です。

塗装はぺんてる株式会社「ネオセーブル 平筆14号」を選択。
大きめの筆ではございますが、その分サクサクと進みます。

そして塗装に欠かせないのが山善の食器乾燥機。
「食器」乾燥機ではございますが、「トラの手ステーション」がジャストサイズ。

乾燥方式は「自然対流式」で、ファンなどで風を発生させないのでホコリが舞いにくい。
塗装時のお供に、おひとついかがでしょうか。

まとめ

境界戦機のプラモデル「HG 1/72 アメインゴースト」の下地塗装が終わりました。
より真っ黒になり、ワクワクしてきました。
ここからさらに、塗り分けをしていきましょう。

ユネプラ
ユネプラ

HG 1/72 アメインゴースト ブラックジェッソで下地塗装は、ここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました