HGCE 1/144 エールストライクガンダム ジェッソで下地塗装

過程
ユネプラ
ユネプラ

下地塗装を行います。

プラバンを貼り付け、ディテールアップが終わった「HGCE 1/144 エールストライクガンダム」
下地材であるジェッソを塗り、下地塗装を行いましょう。

この記事がオススメな方
  • 下地塗装で使った道具を知りたい方

下地塗装

本塗装の前段階としておこなう「下地塗装」

  • 絵具・塗料の食いつきを高めるために
  • 色の統一のために

……などの目的で行う工程です。
しかし、デメリットとして

  • 塗膜が分厚くなる
  • 下地塗装の分、工程(時間)がかかる

……などのデメリットもあるので、必要に応じて選択しましょう。

下地塗装で使った道具

  • ジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ブラックジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号

ターナー色彩株式会社の水溶性の下地材「ジェッソ」2種類をつかいます。
アクリル絵具のシリーズである「U-35 ACRYLICS」に含まれる下地材。
希釈は水で可能であり、臭いは控えめ。
乾燥後は耐水性に変化し、サラサラとした(600番〜1000番くらい)質感になります。

「HGCE 1/144 エールストライクガンダム」の製作ではジェッソ(白)とブラックジェッソ(黒)を混ぜ合わせてグレーに調整したモノを使っています。

筆はぺんてる株式会社「ネオセーブル 平筆14号」を使います。
やや大きめの筆ではございますが、その分スピーディーに。
サクサクと進みます。

まとめ

ジェッソによる下地塗装が終わり、鮮明になったディテール。
粗さも明らかになりますが、かっこいい。
そう、かっこいい。

気の赴くままにプラバンを貼りましたが、楽しいですね。
次の工程は塗装です。
ぺたぺたと塗っていきましょう……!

ユネプラ
ユネプラ

HGCE 1/144 エールストライクガンダム ジェッソで下地塗装、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました