HG 1/72 アメインゴースト プラバンの貼り付け

HG 1/72 アメインゴースト各工程
ユネプラ
ユネプラ

プラバンを貼り付けてディテールアップを行います。

境界戦機のプラモデル「HG 1/72 アメインゴースト」
そのままでも色分けが細かく、カッコいい機体ではありますが……
ディテールが寂しく感じたので、プラバンを貼り付けてディテールアップを狙います。

この記事がオススメな方
  • 使った道具を知りたい方

プラバンの貼り付け

ディテールアップの手法のひとつ、「プラバンの貼り付け」
細かくカットしたプラバンを瞬間接着剤などで貼り付ける……

盛る方向のディテールアップです

プラバンの貼り付けで使用した道具

  • タミヤ プラバン 0.3mm
  • ウェーブ HG ディテールパンチ 台形1
  • デザインナイフ
  • イージーサンディング

ミニ四駆などでおなじみの株式会社タミヤのプラバンを使います。
厚さは0.3mm。
この厚さのチョイスには後述のディテールパンチが関わります。

続いて使用したのは株式会社ウェーブ「HG ディテールパンチ 台形1」
書類などをファイリングするときに使う2穴パンチ。
それの複雑な形状のモノです。

今でこそプラバンのカットに抵抗がなくなってきましたが、最初は躊躇(ちゅうちょ)したもの。
ディテールパンチを使ってみて、壁を乗り越え……沼にはまった気がいたします。

ディテールパンチで打ち出した形状も使いますが、「もっと細かい」プラバンが欲しいときもあります。
その場合はデザインナイフを使い、カットして製作します。

プラバンの貼り付けには株式会社タミヤイージーサンディングを使います。
硬化後に削りやすいように考えられて製作された瞬間接着剤。
プラバンの貼り付けにおいてはイージーサンディングにこだわりはありませんが、つまようじで点付けしてからの余裕がちょうどいい。

速乾タイプだと、

  1. 点付けする
  2. プラバンを貼り付けるときには硬化している

ということもアリ
まぁ手が遅いだけ、という説もありますがネ。

気を付けるポイント

私なりにプラバンの貼り付けで気を付けていることを、メモします。
※あくまで私見であり、間違っている場合もございます。あらかじめご了承ください。

  • 瞬間接着剤はつまようじなどで点付けする
  • カットに力(ちから)が必要になったらデザインナイフの刃を変える
  • 全部に同じだけの量を貼る……のではなく、目立つ場所を優先して貼る
  • プラバンを貼り付けるときは、デザインナイフの切っ先で軽く刺すとコントロールがしやすい
  • 細かいところほど瞬間接着剤のムニュが見えますが、諦めましょう
  • 諦められない場合は、ヤスリを頑張りましょう
  • 対角線を意識する。またはエッジを意識して貼ると馴染みやすい

大体こんな感じでしょうか。
尚、私は瞬間接着剤のムニュは諦めています。
汚しをかけるのであれば、いい味にもなります。

まとめ

「HG 1/72 アメインゴースト」のプラバンの貼り付けが終わりました。
このあとは分解し、洗浄し……下地塗装へ移ります。

でかいねぇ

ではまた、次の投稿でお会いしましょう。

ユネプラ
ユネプラ

HG 1/72 アメインゴースト プラバンの貼り付けは、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました