【完成】HG ガンダム 東京2020 パラリンピックエンブレム

ガンプラ(宇宙世紀)

どうもこんばんは。
ユネプラへようこそ。

↓前回の記事はこちらから↓

【部分塗装】HG ガンダム 東京2020 パラリンピックエンブレム
ガンダムの成形色を活かしつつ情報量を上げたい…。要点を抑えた部分塗装ポイントとは?

今回のテーマは…?

フィニッシュを目指す!

『HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM(TOKYO 2020 Paralympic Emblem) 』のウォッシング、スミ入れ、トップコートを行います。
ついに終わりが見えてきた…!

頭部のウォッシング、スミ入れ前後

溝や影となる場所に暗い色を入れ…
その後にトップコート。
バーニアなどの金属感のあるパーツはツヤあり。
その他のパーツはツヤ消しを塗装しフィニッシュとします。

いざ組み立て

組み立て

ウォッシング、スミ入れが終わりトップコート。
トップコートはエアブラシでの塗装なのですが、これを行えるような天気が来るまでが…長かったですね…!
雨の日が続きトップコートが出来ない日が続きましたが、換気ができる日がやってきたので塗装。

そして乾燥が終わったら組み立て。
この組み立ての瞬間。
本当に最後の組み立ては何とも言えない、感慨深いものがありますね。
その後もポージングをしたり、飾ったりと楽しいわけですが。
ひとつ『やり遂げた』という感覚が良いですね。

組み立て完了

前面

組み立てが終わり、まずは前面から。
ウォッシング、スミ入れを行ったことにより細部のディティールが強調され引き締まりました。
トップコートを行う前は塗料の光沢が違い、質感がバラバラ。
統一感のない状態でしたが、トップコートを塗装することによりそれも改善。

背面

基本的には『ツヤ消し』でトップコートを行いました。
が、ーニアなどの金属の質感部分は『ツヤ有り』で塗装。
金属感を残したかったので『ツヤ有り』を選択しましたが、キラリと輝き思わずニヤリ。
満足感の高い仕上がりとなりました。

ビームライフルを装備

さまざまなポージングを取り写真を撮る。
まずはビームライフルを装備。
非常に関節の自由度が高く、さまざまなポージングが可能。

バズーカを装備

背部にマウントされていたシールドを左腕に持ち替え、バズーカを装備。
トップコートを行う前は傷が目立っていましたが、それも消え一安心。

バズーカを装備 背面を拡大

くるりと回し、背面を拡大し撮影。
…イイ。
金属感を残したいのでその部分は『ツヤ有り』に。
完成するまで不安ではありましたが、今ではその選択をし、良かったとただただ思います。

最後に

決めポーズ

いかがでしょうか。
以上で『HG 1/144 RX-78-2 GUNDAM(TOKYO 2020 Paralympic Emblem) 』を完成とします!

なかなかトップコートが出来ない日が続き気をもみましたが、完成し一安心。
もともとの成形色も非常によく、かっこよく仕上がりました!

それでは今回はここまでで。
また次回。

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました