ジェッソと筆で下地塗装 Figure-rise Standard LENA エイティシックス

過程
ユネプラ
ユネプラ

ジェッソと筆を用いて下地塗装を行います!

気になるところの合わせ目消し終えて塗装へと進むフィギュアライズスタンダードのレーナ。
いろいろ調べつつも、やはり肌感覚と言うのでしょうか。

よくわからない

というのが正直なところでもあるので、手を入れて行きましょう。

使用したモノ

  • ジェッソ(U-35)
  • ブラックジェッソ(U-35)

下地の色は目指す色、明度によって使い分けを行いますが、基本となるモノはジェッソ。
使用するモノはターナー色彩株式会社の「U-35」シリーズのジェッソ。
乾燥前は水溶性であり、乾燥後は耐水性。
やや粒子は粗目であり、小さな傷の埋め。
そして絵具の食いつきを良くする効果があります。

水で薄める事エアブラシで塗装すること可能なものの、「粒子は大きめ」
必ずテストを行い、注意しつつ塗装することをオススメいたします。
乾いた場合の洗浄にはキッチン用のマジックリン。
性質はアルカリ性のマジックリンを用いることで、乾燥した場合も洗い落とすことが可能です。

私的にお気に入りなトコロは「臭いが少ない」こと。
絵の具的な臭いは感じるものの、強くはなく。
「シンナー的な溶剤臭がしないところが好ポイント。

肌の下地に加えたモノ

さてどうなるか
  • ピロール オレンジ

ターナー色彩株式会社のアクリル絵具である「U-35」
その中のピロール オレンジを加えました。

比率は……

  • ジェッソ 70%
  • ピロール オレンジ 30%

大まかにこんな感じ。
最終的な色味よりも濃いめを意識して調色。
狙い通り血色良く、イイ感じに仕上がれば嬉しいですがはたして。

髪の下地に加えたモノ

ハラハラドキドキ
  • コバルト ブルー (ヒュー)
  • ウルトラマリン バイオレット

ほんのチョットの青みが欲しいと感じたのでプラス。

比率は……

  • ジェッソ 50%
  • ブラックジェッソ 20%
  • コバルト ブルー (ヒュー) 20%
  • ウルトラマリン バイオレット 10%

大まかにこんな感じ。

下地塗装を終えて

ででん

服はムラを残さない方向性でペタペタと。
髪は流れを意識しつつサッサッと。
これにて下地塗装が終わりました。
これで良いのかはわからないものの、ここで悩んでもしょうがないので。
ひとまず、塗装へと行きましょう。

U-NEXTでエイティシックスを見よう!

動画配信サービスを利用したい。
と、思ってもどれがいいやら……
そうお悩みの方も多いのではないでしょうか。

私もそうです。

当記事で紹介しているプラモデルが登場するアニメ。
86-エイティシックス-も配信している「U-NEXT」31日間無料トライアルのキャンペーン中!
そう、「見放題」対象の作品であれば、31日間無料で視聴をすることが可能!
もちろん86-エイティシックス-も「見放題」対象のアニメ。

アニメに限らずU-NEXTでは映画、ドラマなどの幅広いジャンル。
最新の作品から名作まで220,000本以上配信しています。
モノによっては個別課金が必要なモノもありますが……

それでも31日間無料トライアルであり魅力的なキャンペーン。
試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ながいこと使用しているスマッジブラシ。

フィギュアライズスタンダードのレーナも、下地塗装が終わりました!

これでいいのか

という思いがつきまとう初めてだらけの工程。
まぁ悩みつつも悩んでいては終わらないので、進みましょ。

ユネプラ
ユネプラ

ジェッソと筆で下地塗装 Figure-rise Standard LENA、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました