筆による下地塗装 86 JUGGER NAUT GENERAL PURPOSE TYPE

過程
ユネプラ
ユネプラ

ジャガーノート(汎用仕様)の下地塗装を行います!

梅雨か、梅雨なのか?
え、梅雨はまだ?

そうですか。

ジメジメがオーバーフローな今日この頃。
塗装に若干の不安があるものの、山善の食器乾燥機を信じて下地塗装へ。

使用するモノ

  • ジェッソ(U-35)
  • ブラックジェッソ(U-35)
  • スマッジブラシ
混色したジェッソはドレッシングボトルに作り置き。使うたびに混色する必要がなくなった。

水溶性の下地材であるジェッソ2種を混色して使用。
ダークグレー風味な色に調色。
ジェッソはターナー色彩株式会社「U-35」シリーズに含まれるモノを使用。
臭いが少なく、水溶性の下地材としては強度も高め。

筆は100均セリアで購入したスマッジブラシ。
化粧筆に分類される筆ですな。

なにかと便利なスマッジブラシ

塗装棒につけて準備

塗装ベースは100均のトレイ、そして猫の爪とぎを使用している。
レーナのフィギュアは割りばしに両面テープを付けたモノに固定。

塗装棒に固定し、塗装の準備を行う。
パーツによっては高さがあり、乾燥機に入らないことも。
そういった時のために、塗装棒は短く加工したモノも用意しています。

塗装棒の加工

長さ、高さのあるパーツだと乾燥機の天井に引っかかることも。カットして調節だ。
  1. ニッパーなどでカット
  2. 鉛筆削りでシャープにする

表現が難しいところですが、刃が分厚目のニッパー。
二度切りの一度目に使う、あまり高くないニッパー。

そんな感じのニッパーでカット。

カットした面がそのままだと、塗装ベースに差し込みにくい。
ので、鉛筆削りでシャープに加工。
あまり短くし過ぎると、持ちにくくなり本末転倒ほんまつてんとうですが……長さを調節し、乾燥機に入るようにしたいところ。

下地塗装の終わり

下地塗装が終わりましたァ!

スマッジブラシでゆっくりとスタンプのように動かしながら塗装。
パターンにならないように注意しつつ筆を動かし、回転も混ぜ込みながら。

下地塗装が終わりました!

少しだけ、やりすぎにならないように「ポソッ」とした質感を狙う

凸凹したテクスチャ感を意識しつつ塗装。
やりすぎにならないように、でもテクスチャ感は出しつつ。
その塩梅あんばいが難しいところですが、これにてメカ部分の下地塗装がフィニッシュ。

一色になることにより鮮明になるディティール。

フィギュアの下地塗装

  • ジェッソ(U-35)
  • ライトマゼンタ

フィギュアはメカとは違う雰囲気にしたい。
具体的には血の通った雰囲気にしたい。
そう思い、薄いピンクに調色したジェッソを塗装。

カイエ・タニヤ
レーナ

どちらもターナー色彩株式会社「U-35」シリーズから。
やはり人間なので、重厚感よりも血色良く。

U-NEXTでエイティシックスを見よう!

動画配信サービスを利用したい。
と、思ってもどれがいいやら……
そうお悩みの方も多いのではないでしょうか。

私もそうです。

当記事で紹介しているプラモデルが登場するアニメ。
86-エイティシックス-も配信している「U-NEXT」31日間無料トライアルのキャンペーン中!
そう、「見放題」対象の作品であれば、31日間無料で視聴をすることが可能!
もちろん86-エイティシックス-も「見放題」対象のアニメ。

アニメに限らずU-NEXTでは映画、ドラマなどの幅広いジャンル。
最新の作品から名作まで220,000本以上配信しています。
モノによっては個別課金が必要なモノもありますが……

それでも31日間無料トライアルであり魅力的なキャンペーン。
試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

これにて下地は終わり。次へGO。

ジャガーノート(汎用仕様)下地塗装が終わりました!
これにていよいよ準備は終わり。
色を乗せるターンの始まりですな。

ユネプラ
ユネプラ

筆による下地塗装 86 JUGGER NAUT GENERAL PURPOSE TYPE、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました