HG 1/72 メイレスケンブ 斬 ジェッソで下地塗装

過程
ユネプラ
ユネプラ

下地塗装へ。
使用した道具なども紹介いたします!

「HG 1/72 メイレスケンブ 斬」の下地塗装へ。
手法は筆塗り。
下地材はジェッソを使用します。

下地塗装

  • 絵具・塗料の食いつきを高めるため
  • 色の統一のため

……などの目的で行う「下地塗装」
デメリットとしては、

  • 塗膜が分厚くなる
  • ディテールがつぶれる場合がある

求めるゴールによって「やる場合・やらない場合」が発生する工程です。

下地塗装で使用した道具

混色ジェッソ(グレー)100均のドレッシングボトルに詰め替えて使用しています。
  • ジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ブラックジェッソ(U-35 ACRYLICS)
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号
  • ウォーターパレット(ウェットパレット)

ターナー色彩株式会社の水溶性の下地材「ジェッソ」2種類を使います。
アクリル絵具のシリーズ「U-35 ACRYLICS」に含まれる下地材です。

グレーに調整したジェッソを塗り、色を統一します。

手前から、平筆14号、平筆6号、丸筆0号

筆はぺんてる株式会社の「ネオセーブル 平筆14号」を選択。
大きめなサイズを活かし、サクサクと進めます。

パレットは「ウォーターパレット(ウェットパレット)」を使用。
100均の道具で製作したモノで、絵具の乾燥を伸ばすことが可能。
長時間の塗装にはなくてはならないものです。

まとめ

これにて「HG 1/72 メイレスケンブ斬」の下地塗装が終わりました。
脱線しますが、撮影ブースを購入し、当記事の写真ではそれで撮影を行いました。
「FOSITAN 撮影ブース 50cm」なのですが、撮影に余裕がうまれていいですね。
開封レビューを動画にしているので、梱包の様子・内容物・サイズ感を知りたい方はぜひご覧ください。

ユネプラ
ユネプラ

HG 1/72 メイレスケンブ 斬 ジェッソで下地塗装は、ここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました