水研ぎにも使える! 100均で作るウォーターパレット

お役立ち
ユネプラ
ユネプラ

ウォーターパレットの応用編。
水研ぎにも使えるのデス!

先日100均の道具を活用し、製作したウォーターパレット(別名、ウェットパレット 以下ウォーターパレットに統一)
絵具の乾燥時間を遅らせることができ、筆塗りの良いところをさらに伸ばす。
具体的には……

  • 塗装の中断を行いやすく
  • まとまった時間が取れなくても進めやすく
  • 絵具の長い時間の使用

パッと思いつくメリットだけでも魅力的。
「乾燥しない」わけではなく、「遅らせる」だけなので過信は禁物ですがネ。

当記事ではウォーターパレットの応用として、ヤスリ掛けの工程。
水研ぎを手軽に、簡単に行える。
ということをお伝えいたします!

ウォーターパレットの作り方はこちらから

水研ぎにも使える! 100均で作るウォーターパレット
ユネプラウォーターパレットの応用編。水研ぎにも使えるのデス!先日100均の道具を活用し、製作したウォーターパレット(別名、ウェットパレット 以下ウォーターパレットに統一)絵具の乾燥時間を遅らせることができ、筆塗りの良いところを...
スポンサーリンク

ウォーターパレットを使用した水研ぎとは

塗装の時とは違い、スポンジの高さより数ミリ高めに水を入れる。

水でサンドペーパーなどを湿らせて、物体を研ぐ技法。
それこそが、水研ぎと呼ばれる手法。

  • 研磨するときに削りカスが飛びにくい
  • 摩擦熱が抑えられる
  • サンドペーパーの目詰まりが起こりにくい

などのメリットがありますが……
製作したウォーターパレットならではのメリットをご紹介!

メリット

  • スポンジに擦りつけることにより、削りカス簡単取り除くことができる!
  • 水を余裕をもって入れることができるので、こぼしにくい!
  • 中断する時はフタを閉めることができる!

ウォーターパレットの使用する部分は容器とスポンジ。
ヤスリ掛けの時にはクッキングシートは使いません。

え、そんなこと?
と思うかもしれませんが、地味ながらも重要なこと。
特にスポンジがあることによる、削りカス取り除きやすさは嬉しいところ。
一枚のサンドペーパーをより長く、研磨性能の高いまま。
空研ぎに比べて長く使用することが可能。

もちろん、ウォーターパレットならではのメリットに加えて……

  • 研磨するときに削りカスが飛びにくい
  • 摩擦熱が抑えられる
  • サンドペーパーの目詰まりが起こりにくい

上記の水研ぎのメリットそのままついてきます。

工程

  1. 容器にスポンジをセット
  2. スポンジより数ミリ高いところまで水を入れる
  3. 耐水ペーパーなどを水につけ、湿らせて削る
  4. 目詰まりが発生したらスポンジに擦りつけ、落とす

サンドペーパーによって耐久性はそれぞれ。
ですが研磨剤が落ちることにより、削りにくくなるときはあります。
そうなったら、サンドペーパーを交換しましょう。

注意点

耐水ペーパーはセリアで購入。100均で耐水ペーパーが買えるとは……スゴイなあ
  • サンドペーパーは耐水性のあるモノを使いましょう。
  • 研磨剤が落ちることにより、削りにくくなることはあります。
  • そうなったらサンドペーパーの交換をしましょう。

まとめ

お試しあれ!

当記事ではウォーターパレットの番外編として、水研ぎでの使用法を紹介。
今まで塗料皿などに水を入れて水研ぎを行っていましたが、水をこぼさないかヒヤヒヤもの。
塗装用に製作したウォーターパレットですが、水研ぎにも使えると分かり嬉しいところ。
であり、嬉しい誤算。

ユネプラ
ユネプラ

水研ぎにも使える! 100均で作るウォーターパレット、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓既製品はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました