【 仕上げ 】HG 1/144 ザクⅡ デカール・ウェザリング・仕上げ塗装

HG 1/144 ザクⅡ各工程
ユネプラ
ユネプラ

いよいよ終わりが見えてきました。
使用した道具をまとめていきましょう。

塗装を終えて、次のステップへ。

  • デカールの貼り付け
  • クリアー
  • ウォッシング
  • ドライブラシ
  • 仕上げ塗装

書き出してみるとなかなかありますが、終わりが見えてきたのでスピードアップ。
いざ、進みましょう!

 

デカールの貼り付け

デカールの貼り付け後

水転写デカールを貼り付けて情報量のアップを狙います。

デカールの貼り付けで使用した道具

ハイキューパーツ 1/144 グレー&オレンジ RB02コーションデカール 1枚入
  • ハイキューパーツ 1/144 グレー&オレンジ RB02コーションデカール 1枚入
  • ハイキューパーツ CNDデカール ナンバー オレンジ 1枚入 水転写デカール

水転写デカールを貼り、ディテールアップを狙います。
既にプラチップ(細かくしたプラバン)を貼っているいる状態で、素組よりはディテールは濃いめ。

……ということもあり、枚数は控えめに。
でも主張はハッキリと。

以上をテーマに貼り付けます。

クリアーでデカールの保護

デカールはそのままだと……

  • 剥がれる
  • 段差が目立つ

ので、クリアーを塗装して保護します。

缶スプレーでも、デカールの保護ができるのならばオーケー。
ただし換気する環境はないので……
筆で塗ることができ、臭いも少ない「グロスバーニッシュ」を塗装します。

ウォッシング

ウォッシング後

ウェザリングのひとつ”ウォッシング”を行います。

  • 汚して
  • 洗う

以上の工程をおこない、使用感……新品ではない雰囲気を演出します。

ウォッシングで使用した道具

  • ホルベイン画材 透明水彩 セピア

水彩絵具のなかでも”透明水彩”と呼ばれる絵具を使います。
色は”セピア”です。

水彩絵具は”水”で希釈が可能。
乾燥後も水で溶かし、洗い落とすことが可能です。

  • 臭いが少ない
  • 時間が経っても調整ができる

……などの理由からウォッシングに使用しています。

ウォッシングの作業工程(一部)の動画はこちらです(Youtubeへ)

ドライブラシ

ドライブラシ後

塗装が剥がれてなかの金属が見える感じ……
などの表現がかのうなドライブラシを行います。

ドライブラシで使用した道具

ターナー色彩株式会社 アクリルガッシュ シルバー
  • ターナー アクリルガッシュ シルバー

ターナー色彩株式会社のアクリルガッシュ「シルバー」を選択。
筆につけて、ティッシュなどで”カッスカス”になるまで落とし……
パーツの角・エッジに(だいたい)直角になるように動かし、こすりつけます。

使用する色によって変わりますが、シルバーなどのメタリックを使うと「中の金属が見える感じ」の表現が可能です。

別のプラモデルですが、ドライブラシの様子を撮影した動画はこちらです(Youtubeへ)

仕上げ塗装

終わっていませんが、達成感を感じますネ……

作品・塗膜の保護。
質感の方向性を決める”仕上げ塗装”を行います。

仕上げ塗装で使用した道具

マットバーニッシュ
  • マットバーニッシュ(U-35 ACRYLICS)
  • グロスバーニッシュ(U-35 ACRYLICS)
  • ぺんてる ネオセーブル 平筆14号

ターナー色彩株式会社の”U-35 ACRYLICS”シリーズに含まれる仕上げ材2種類を選択。
マットバーニッシュをベースとして、少量のグロスバーニッシュを追加します。

塗装をおこなったときの湿度は50%以上であり、白化現象のリスクを感じる湿度。
リスクを回避するためのグロスバーニッシュの添加です。

手前から、平筆14号、平筆6号、丸筆0号

筆はぺんてる株式会社の「ネオセーブル 平筆14号」を選択。
大きさを活かし、サクサクと進めます。

まとめ

これにて「HG 1/144 ザクⅡ」の全工程が終わりました。
シッカリと乾燥させて、塗装棒から外し……
組み立てがありますが。

まぁ、ひとまずほっと一息。
と言う感じですな。

このあとは……ひとまず待ちましょう。
すぐにでも組み立てたいところですが、24時間ほど置いてから続きへ。
焦りは禁物ですぞ。

ユネプラ
ユネプラ

【 仕上げ 】HG 1/144 ザクⅡ デカール・ウェザリング・仕上げ塗装は、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました