ウォッシング&スミ入れと仕上げ HGCE 237 ダガーL ガンプラ

過程
ユネプラ
ユネプラ

GCE 237 ダガーLのウォッシング&仕上げを行います!

いよいよ山登りならば下山とも形容できる工程へ。
ここまでくるとスピーディー。
ではありますが、ちょっとのミスが命取り……

なぁんてことも

そんなこんなで、ウォッシングと仕上げを行いましょう!

ウォッシングに使用したモノ

エフ水彩
エフ水彩 チューブ外観
  • エフ水彩 くろ 50%
  • エフ水彩 ちゃいろ 50%

絵具はぺんてる株式会社の水彩絵具であるエフ水彩から「くろ」と「ちゃいろ」を混色したモノを使用。
大胆に水彩絵具をぶっかけて、ささっと拭き取りを徐々に進めて……
いい塩梅の使い込み感、そしてスミ入れを演出するウォッシングを行います。

仕上げに使用したモノ

バーニッシュ
マットバーニッシュ、グロスバーニッシュ
  • マットバーニッシュ(U-35) 70%
  • グロスバーニッシュ(U-35) 30%

ターナー色彩株式会社のアクリル絵具である「U-35」シリーズに含まれる仕上げ材。
マットバーニッシュ、グロスバーニッシュを混色したモノを使用。
完全なつや消しではない微妙な光沢感マイトレンド。

気分です。

仕上げを終えて

ずぎゃーん

梅雨も終わりTHE
湿度もそこそこになり白化現象も起こり……にくくなった今日この頃。
まぁまだ若干の不安があるのでグロスバーニッシュを混ぜている。
という理由もありますが、気分というのも間違いではない。
そんなこんなで仕上げも塗り終わり、あとは組み立てるだけ!
ではありますが、念には念を入れて24時間ほど置いておいてから……組み立てるといたしましょう!

まとめ

イイ感じでは!

HGCE 237 ダガーLを成型色からガラリとイメチェンしての製作も終わりが見えてきました!
オレンジにしようと思ってピンクになっていったのはミスとかではなく、気分。
ディティールの追加などもやってみましたが、いいですね。
良し悪しはともかく、密度感が高まり楽しい。
完成が楽しみですな。

ユネプラ
ユネプラ

ウォッシング&スミ入れと仕上げ HGCE 237 ダガーL、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました