ウォッシングと仕上げ HG ザクウォーリア ガンプラ

過程
ユネプラ
ユネプラ

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する量産型モビルスーツのプラモデル。
HG GUNDAM SEED 018 ザクウォーリアの仕上げを行います!

塗装を終えたHG ザクウォーリア。
ウォッシングを兼ねたスミ入れで凹みの強調を。
そして塗膜の保護をバーニッシュにて行い仕上げへ。

完成の一歩手前へ行きましょう。

ウォッシングに使用したモノ

エフ水彩 チューブ外観
  • エフ水彩 くろ
  • エフ水彩 こげちゃ
  • エフ水彩 あか
  • エフ水彩 ビリジアン
  • エフ水彩 あいいろ

ぺんてる株式会社水彩絵具であるエフ水彩を使用。
水彩絵具は乾燥前も乾燥後も水に溶ける性質を持つ水溶性の絵具。
仕上げの工程が難しくなるというデメリットこそあるものの……

  • 臭いの少なさ
  • 時間を置いての調整

というメリットがありがたく、使用を続けている絵具。

仕上げに使用したモノ

臭いが少なく伸びが良い「水溶性」の下地材。
  • マットバーニッシュ
  • グロスバーニッシュ

ターナー色彩株式会社の「U-35」の仕上げ材であるバーニッシュ2種を使用。
気分はセミセミグロス。
というわけで、下記の比率で配合を。

  • マットバーニッシュ 70%
  • グロスバーニッシュ 30%

モノアイに使用したビーズにはグロスバーニッシュをそのまま垂らすように塗装。
滑らかに、力強い光沢を得られた。

仕上げを終えて

良い雰囲気

HGザクウォーリアも、あとは組み立てるだけ。
ここまで来るとソワソワし、早く組み上げたいところ。
ですが、念には念を入れて24時間ほど置いておく。
その後ついに……完成となるのですな。

まとめ

もう少しだ

HGザクウォーリアのウォッシング、仕上げが終わりました!
24時間ほどしっかりと乾燥させてからの……
組み上げと行きましょう。

ユネプラ
ユネプラ

ウォッシングと仕上げ HG ザクウォーリア、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます!

↓記事で紹介したプラモデルはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました