加工 HG 1/144 ガンダムアスタロト

過程
ユネプラ
ユネプラ

HG 1/144 ガンダムアスタロトの加工を行います!

仮組みを終えたHG 1/144 ガンダムアスタロト。
ちょいと気になる部分の加工を行います!

具体的には……

  • 安全基準フラッグのカット
  • 合わせ目の強調
  • メラミンスポンジでの研磨

以上の工程を行います。

安全基準フラッグのカット

アンテナなどの鋭利なパーツには安全基準フラッグが設けられています。設定に寄せたい。またはシャープにしたい場合はカットが必要です。

ケガの防止などの観点から、アンテナなどのシャープな部品には安全基準フラッグが設けられています。
HG 1/144 ガンダムアスタロトではアンテナと、サブナックルに安全基準フラッグがあるので、それのカットを行います。

安全基準フラッグのカットに使用したモノ

  • ニッパー
  • ヤスリ

1mm以下の余裕を持って、安全基準フラッグのカット。
そしてヤスリで整えます。
安全基準フラッグのあった場所のみにヤスリをかけていると、弧を描いてしまいがち。
直線のラインを意識しつつ、ヤスリ掛けを行います。

合わせ目の強調

段落ちモールド化されていない合わせ目を強調する。未処理ではなく、敢えて感を狙いマス。

肩、腕部、ライフルなど合わせ目があるHG 1/144 ガンダムアスタロト。
デザインナイフによるカンナ掛けによる合わせ目の強調を行います。

合わせ目のデザイン化に使用したモノ

  • デザインナイフ

幸いにもHG 1/144 ガンダムアスタロトの合わせ目は少な目であり、短いライン。
肩、腕部、ライフルなどの合わせ目にカンナ掛けを行い、凹みをつくることによる合わせ目の強調。
それを行い、ノータッチではない感かもし出します。

メラミンスポンジでの研磨

100均で購入したメラミンスポンジ

加工を終えたら、水で湿らせたメラミンスポンジでの研磨を行います。
プラスチック表面に微細な傷をつけることによる、絵具・塗料の定着力の向上を狙います。
メラミンスポンジは100均で購入したブロック状にカットされたモノを使用。

メラミンスポンジはポロポロとカスが発生するのが困りもの。
考えなしに作業を進めると机の上がカスだらけになり、掃除がメンドクサイ。
ので、100均で購入したザルの上で研磨を行い、掃除を行いやすくして進めます。

まとめ

塗装の準備が終わりました!

HG 1/144 ガンダムアスタロトの加工が終わりました!
新しいプラモデルということもあり、ディティールも細やかで見栄えも充分。
キットの良さを活かしつつ、好みの雰囲気に塗装いたしましょう。

ユネプラ
ユネプラ

加工 HG 1/144 ガンダムアスタロト、はここまで。
ご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました