PR

【日記】ガンダムシュバルゼッテの製作記07 下地塗装は続く

日記
ユネプラ
ユネプラ

ぺたぺたり

機動戦士ガンダム 水星の魔女のガンプラ「HG 1/144 ガンダムシュバルゼッテ」の下地塗装へ。
いつもと違うゴールを目指すのであれば、辿る道筋が変わるのは必然である……。

めっちゃ考えているようで、考えずに下地塗装を進めます(*´Д`)

下地材はターナー色彩のU-35 ACRYLICSのブラックジェッソ

絵の具の食いつきを高めるために、下地材の塗装から。
下地材を塗ると、サラサラとした質感になり絵の具の定着アップ。
他にもいろいろありますが、細かな傷を見えなくする効果もあったりします。

下地材はターナー色彩株式会社のU-35 ACRYLICSのブラックジェッソ。
本当はジェッソも混色したダークグレーなジェッソですが、どちらか迷ったらブラックジェッソということに致します。

そのままの濃度で塗ると、ヤスリ掛けをしていない面でも定着しやすく、時短に繋がります。
ウェット(濡れた)状態では筆ムラが目立ちますが、乾燥したころには平滑な面に。

非常に助かります

水で希釈が可能な水溶性の下地材。乾燥後はサラサラとした質感の耐水性。色はブラック。
¥1,097 (2024/05/18 04:41時点 | 楽天市場調べ)

飽きたときには別工程を

ずっと下地をベタ塗りをしていると「飽き」が生じることもあります。
そんなときは下地塗装を終えたパーツの「先の工程」を行います。

まぁ実際にはこれも下地塗装ではありますが、ベタ塗りは終えた段階です。
やや明るめのジェッソを筆に含ませて、ティッシュでカッスカスになるまで拭き取る。
そしてシャカシャカと動かしエッジに色を乗せて行く……。

そう、ドライブラシです。

パッケージイラストの雰囲気を目指すにあたって考えたのはドライブラシ。
ドライブラシでいろいろな色を乗せてみようかなと思うところ。

まぁまだエッジにハイライトを乗せただけで、「いろいろな色」はまだこれから。
引き続き塗っていきましょう(‘ω’)ノ

まとめ

ふふふ……

ということで下地塗装は終わっていませんが進んでいる。
工程が前後することも多いと思うので、「下地塗装」と明確に区分するのは難しそうですが、その時はその時。

わからないことはしょうがないので、まずはやってみましょう(‘ω’)ノ

YouTube版はこちら

ユネプラ
ユネプラ

【日記】ガンダムシュバルゼッテの製作記07 下地塗装は続くは、ここまで。

ご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク
ユネプラ

ご訪問ありがとうございます。
プラモデル製作が趣味なユネプラです。

寝室と作業部屋が同じである。
そしてシンナー臭が苦手なことから、臭いの少ない道具を使って製作しています。

・他人がいる環境で製作する方
・シンナー臭が苦手な方

…などのお悩みを持っている方の参考になれば幸いです。

何事もなければ17時に更新しているので、立ち寄っていただければ幸いです。

ユネプラをフォローする
日記
ユネプラをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました